あのポプラは今・・・

10年前に2回ほど、中国内モンゴル自治区の恩格貝というところに植林ツアーに行きました。

行き帰りに北京観光もついているツアーで、北京から1泊の列車か飛行機で恩格貝に入り、4日間くらい植林活動をするというものでした。

2日間は、1日中沙漠の中でひたすら植林活動。スコップで深さ30cmくらいの穴を掘り、バケツリレーで水を運び、1mくらいに育ったポプラの苗木を植えるという単純作業です。一人当たり50~70本を植えました。

お昼は、数年前に植林したポプラの林の中で、ボンカレーというのが定番でした。

よく育てば数年で見上げるほどの高さになるポプラなので、10年前に私たちが植えた木も、ラッキーならば20メートルを超える大木になっているのではないかと思います。ただし、植林の場所と時期が悪いと全滅ということもあるのです。

20年前に「アフリカの飢餓対策の一環として植林に行きませんか?」というあるNGOの呼びかけに心を動かされ、大学の森林学科に進学しました。乾燥地の緑化をテーマに勉強したり、卒業後は緑化関連の会社で仕事をしたりしていたのですが、結局、私の人生はそういう方向に進みませんでした(今のところ)。

今朝、新聞を読んでいて、『グリムス』というブログパーツがあることを知りました。ブログ上でバーチャルな木を育て、木が大人になると提携しているNGOが実際に植林を行うというしくみだそうです。

うぅぅむ、世の中には頭のいい人がたくさんいるのですねぇ・・・こういうしくみをつくることで地球環境に貢献することもできるのですねぇ・・・

恩格貝の植林活動を率いていた故遠山先生の言葉を思い出しました。
「知恵のある人は知恵を出せ、力のある人は力を出せ、金のある人は金を出せ・・・」

というわけで、知恵も金もない私、『グリムス』を貼ってみました。投稿数に応じて成長するらしいです。せっせと書いて育ててみようと思っていますwink

| | コメント (16)

散歩(4)・・・柿

散歩 となりの家の古い柿木。野鳥のために柿の実を少し残してある。

仕事をしようとPCに向かったのだけど、首が凝っていて、あぁまた偏頭痛になりそうだと思ったので、散歩に出かけた。雨上がりで季節はずれの暖かさ。

雨上がりはいろんなにおいがする。
田んぼの脇を通ると泥のにおい、ネギ畑からはネギのにおい、牛小屋からは普段より強烈なにおい。

歩いていると脳が活性化してくるというのは本当。
昨日のTV中国語講座のことを思い出した。
「・・・してよいですか」はkeyi・・・maだったな。

ついでに家についてから調べた。
柿は柿子shizi、果物は水果shuiguo。そり舌音だ。
韓国語では柿は감、柿の木は감나무、干し柿は곶감、熟柿は홍시、果物は과일。

さすがに韓国語の漢字語と中国語の発音は似ているな・・・覚える方としては混乱してくるけど・・・

いけない、いけない。仕事しなきゃ^^;

| | コメント (0)

中国語入門!

中国語講座第1回目、行ってきました。

今日は中秋の名月。中国では中秋節、韓国では秋夕추석。
みなさん故郷に帰ってわいわいがやがや楽しんでいる頃ではないでしょうか。

さっそく、中秋節という単語を習いました。
発音すると、zhong qiu jieです。
発音は、ピンインというローマ字とアクセント記号で表されます。

今日の講座では、母音、子音、そして四声の発音を練習しました。

母音ではoとeの発音が難しい。日本語の「お」ではない「お」みたいな音。表現不可能。韓国語の「お」とも違う。

子音では、唇音のbとpがやっぱり難しかった。
bは息を出さないように、pは思いっきり息を出して発音する。
bは韓国語の濃音とも違う。

以前、「よくできました」が「すごく太っています」に聞こえてしまったのは、bがpになっちゃったからなんだけど、実際boとbaとかを空気を出さずに発音するのって難しいですよ!

帰り道、車を運転しながら、bo、bo、bo、ba、ba、ba・・・と練習しました。水槽の中の鯉にでもなった感じでした。外は大雨だったし。

とにかく、外国語の発音をマスターするには、口の筋肉をつけるべし!ですよね。
さらに、中国語はお腹の中から声を出すようにということ。
たるんだ顔の筋肉と腹筋が鍛えられそうです。

ところで、中国では、月には嫦娥chang eという天女が住んでいるといわれているそうです。
今夜は残念ながら、月を眺めることはできないみたい。明日の夜の方が満月なので、明日に期待しましょう。晴れますように!

| | コメント (8)

中国語を始めよう♪

ペンギンちゃんが中国語の勉強を始めたって聞いて、私もやってみようかなぁと思った。
それで今日、ポジャギ教室と同じ文化センターでやっている中国語講座をとりあえず3ヶ月分だけ申し込んだ。

やってみようかなぁ、といっても、実は韓国語を始める前に、中国語に何度かトライしたことがあった。

中国へは3度旅行した。
4キロ痩せた過酷なシルクロードのバス&列車旅行とモンゴル自治区での植林ツアー。
なかでも天山北路のカシュガルは世界一いい街だと思っていて、また行きたい場所。ただし、ここはウイグル語圏。

NHKのラジオ講座も半年ずつ、2回挑戦したのだけど、とにかく発音が難しくて挫折したのだった。

数年前に、中国から来た女の子の家庭教師をちょっとしたことがあって、その時もがんばって中国語を勉強しよう!と、「はじめての中国語学習事典」という辞書も買ったのだけど。

その女の子に中国語で「よくできました」と言ってみたところ、
「あなたはすごく太っている」って聞こえると言われ、それ以来中国語はダメかも・・・と思ってしまった。

外国語を勉強するとき、それくらいの失敗でめげていてはものにならないこと、韓国語の勉強を通じて学んだので、今度はがんばれるかなと思っている。

中国語、韓国語、日本語。漢字という同じ言葉でつながっているこの言語。
中国語の勉強で、韓国語学習にも相乗効果があるかな?なんて期待している。

とりあえず24日の韓国語試験までは、韓国語漬けの日々を送る予定。

| | コメント (4) | トラックバック (2)