« 未生3 | トップページ | 未生5 »

未生4

4局。チャングレのプレゼンと師匠の回想が重なるシーン。

바둑판 위에 의미 없는 돌아란 건 없어.

회사에서 생산한 제품 중에 이유 없이 존재하는 제품은 없죠.

돌이 외로워지거나 곤마에 빠졌다는 건 근거가 부족하거나 수 읽기에 실패했을 때지.

제품이 실패하거나 부진을 겪는다는 건 그 만큼의 예측 결정에 실패하거나 기획 판단에 실패했다는 걸 겁니다.

곤마가 된 돌은 그대로 죽게 놔두는 거야. 단 그들을 활용하면서 내 이익을 도모하는 거지.

실패한 제품은 실패로 끝나게 됩니다. 단 그 실패를 바탕으로 더 좋은 제품을 기획해야겠죠.

곤마 困馬、囲碁で逃げられなくなった石

 

碁盤の上に意味のない石というものはない。

会社で生産される製品のうち、意味なく存在する製品はないでしょう。

石が孤立したり、逃げられなくなったりするのは、根拠が不足したり、手を読むのに失敗した時だよ。

製品が失敗したり、不信に陥ったりするのは、それだけ予測の決定に失敗したとか、企画の判断に失敗したからでしょう。

逃げられなくなった石はそのまま死んだままにしておくんだ。ただし、その石を生かしながら、自分の活路を見出すのだ。

失敗した製品は失敗に終わらせます。ただし、その失敗を土台にしてより良い製品を企画するべきでしょう。

|

« 未生3 | トップページ | 未生5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未生3 | トップページ | 未生5 »