« 魔方陣 | トップページ | 正方分割 »

正方形で埋めつくす

先日の新聞記事で、正方形の魔方陣のことを知ってから数日後、私の積読コーナーに幾何学の本があるのを思い出しました。

Geometry ページをパラパラめくっていると、「正方形で埋めつくせ」というタイトルが目に飛び込んできました。正方形を組み合わせて大きな正方形にする、あのパズルです!

1939年にローランド・スプラーグが55個の正方形で、ひとつの正方形を埋めつくす方法を発見した。1948年には、テオフィルス・ウィルコックスが25個で埋めつくす方法を発見した。さらにハドリアヌス・デゥイヴェスチジンは、112×112の正方形を20個の正方形で埋めつくす方法を発見。

と書かれています。

新聞記事で見つけた正方形の魔方陣は、この112×112の正方分割を魔方陣として解いたものだったみたいです。

1991年に秋田県の阿部楽方さんが解いたというその魔方陣は、幾何学ではなく、この正方分割が縦・横・斜めの数字の和が等しい数字で埋めつくされているというのですから、もう何が何だかわからないくらい難しいwobbly

というわけで、私のポジャギの図案は、ハドリアヌスさんの正方分割ということになりました。

タイトルとしては、魔方陣の方か魅力的ですけれど。。。

|

« 魔方陣 | トップページ | 正方分割 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔方陣 | トップページ | 正方分割 »