« 되돌리다 | トップページ | 팔찌 »

再会

夏休みの間、塾では夏期講習が行われています。これまでの遅れを取り戻そうとがんばる中学生と、いやいや来る小学生・・・いつもより授業数が多いので、いろんな子供に会えます。

昨日もいつものように塾のドアを開けて、教室に入っていくと、私の顔を見て、妙にニコニコしている若い男性がいました。新入りのアルバイトかな?と思って、「こんにちは」とあいさつしました。

でも、まだ、ニコニコしてるんですよね。相当、愛想のいい人なんだなぁ、地元の大学生にしては珍しいなぁ、でも、なんとなく初めてじゃない感じ。。。なんて思っていると・・・

4年前に塾に通っていた子だというじゃありませんかsign02

道理でニコニコしていたわけだわ!そして、どこかで見たような顔だと思ったわけです。

名前を聞いても思い出せなかったけど、まつ毛の長いキラキラした目を見て、あっあの時の中3生だとわかりました。

N大の数学科に進学したそうです。すごいな。。。そんな頭を持っていたんだ。。。もう、数学に関してはかなわないなと。でも、うれしい気持ちになりました。

こんなことが、2か月前にもありました。

高校に行った時のこと。用事があって社会科研究室に入っていくと、私を見て、ニコニコしている若い女性がいるのです。教育実習の時期だったので、あっ、すごく愛想の実習生が来たんだなぁと思いました。

すると、その女性が私の方に歩いてきて、「韓国語を習っていた○○です」というじゃありませんかsign02

あー!そういえば、その丸顔には見覚えがある!

私が初めて高校で韓国語を教えた年のRちゃんでした。テニス部の朝練で疲れていて、韓国語の授業中によく居眠りしていたRちゃん。その子が現代社会を教えに、母校に戻ってきたのです。とてもうれしい気持ちになりました。

講師という仕事をしていると、こんなうれしい再会があるのだということを、今年初めて知りました。

子供たちが、きちんと大学生になって、社会人になる準備をしていて、そうやって成長していく姿は本当にほほえましく、私が一時期だけでも、彼らの人生に関わることができたという喜びも感じました。

子供はぐんぐん成長していきますね。私も負けないように成長しよう!と思いました。

|

« 되돌리다 | トップページ | 팔찌 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

教え子との再会は嬉しいですね。
これだから先生は3日やったら止められないというとか…

投稿: ゆう | 2013年8月 6日 (火) 22時59分

ゆうさん、
「先生」という名前の職業は、ちょっと用心しないといけませんね。
調子に乗ると、困った先生になっちゃう。
「教え子」という言葉も、私には似合わない気がして、使えません。
客観的にはその言葉しかないんでしょうけどねwink

投稿: テラ | 2013年8月 7日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 되돌리다 | トップページ | 팔찌 »