« 창피해 | トップページ | 산 넘어 산 »

독서주간

秋の夜長ですね。。。

夜は針仕事はできないし、ドラマばかり見ているのもなんだし、と考えて、本を読むことにしました。

あまり読書家ではないので、本というのは布団に入って寝るまでにちょこっとずつ読み進めて行くスタイルです。

でも、それだと韓国語の小説は読めません。一応読めるけど、わからない単語を推測だけで読むので、もやがかかったような理解度なわけです。

それで昨日は突然、「今日から読書週間です!」と宣言して、ずっと本棚に立てかけてあったシン・ギョンスク作家の『どこかで・・・』を引っ張り出し、辞書と赤ボールペンを手に、2階の寝室に上がりました。

唐突に読書宣言する私を見て、夫は「今日から交通安全週間のはずだけど。。。」と、きょとんとしていました。

なぜ2階に上がって読むことにしたのかというと、音読したかったからです。韓国語の本を1階のリビングで音読するのは、いくらお互いに干渉しない夫婦でも迷惑だろうと考えたのです。わけのわからない外国語の音読は、不快な騒音以外の何物でもないらしいですから。

Book 私の寝室のテーブルの上。『どこかで・・・』以外にも読みかけの本があります。そして、毎日のバタフライの練習で筋肉痛になっている肩に貼る湿布薬も。

何年か前、韓国語の小説が読めるようになって、『私たちの幸せな時間』を音読していたことがありました。単語帳も作って。のめり込むと深夜2時くらいになったりして。

そんな少し前の自分を思い出して、新たな気持ちで韓国語に向き合うことにしました。

三日坊主にならないといいけど。。。読書週間だから、せめて1週間は。。。

というか、1週間で読み終えればいいわけじゃないsign02 がんばろう~

book book book

독서주간 読書週間

|

« 창피해 | トップページ | 산 넘어 산 »

「韓国語」カテゴリの記事

コメント

テラさん、アンニョン〜(^^)。
東京、今日は涼しいと言うか寒いくらいですよ。伊那はもっとかしら?
「どこかで...」は、たしかたまさんに紹介されて読んだのですが、内容は忘れてしまいました(^^;)。
ホント、家族がいるとねぇ。
私も基本的に韓国語の読書や勉強は自室でしています。PCを使う時は居間でやるんですけど。
音読はやらないんですけど、どんな感じでしょうか? 

投稿: ハーちゃん | 2012年9月22日 (土) 10時41分

「どこかで・・・」は学校においておいたらなくなってしまいました。本好きな誰かが読んでくれていることでしょう。

シン・ギョンスクさんも、「根の深い木」の作者の方も、来日されますよ~。(別のイベント)
テラさんまた東京に遊びに来ませんか?

投稿: たま | 2012年9月22日 (土) 15時17分

テラさん 안녕하세요?

私も読書週間はじめました。
昨年買って、読もうとしたら父が倒れてそのままになっていた『가시고기』です。
半分くらいは小学生の独白調なので単語が易しく読みやすいです。
こういう本こそ音読しなきゃですよね。

でも悲しすぎるストーリーなので心はズドーンと落ち込みっぱなしです。

早く読み終えて次は明るく楽しい内容のものを読見たいと思うのですが、書棚の『도가니』が「いつになったら私を読むつもりなの?」とにらんでいます。怖bearing

投稿: ゆひ | 2012年9月22日 (土) 15時25分

おんに、
こちらも涼しかったです。
今日は朝から災難でwobbly
話は明日ブログにアップする予定です。

音読は筋トレも兼ねてです。
最近、韓国語しゃべってないし歌も歌っていないから、発音が悪くなっちゃったような気がするんです。
使わないと筋肉が動かなくなるでしょ?
1冊音読するのは疲れますけどcoldsweats01

投稿: テラ | 2012年9月22日 (土) 22時39分

たまさん、
『どこかで・・・』はもったいないですね。。。

昨日ちょうど、東京マッコリ会を11月23日辺りでと、ふにゃさんと話したところでした。
そのイベントはいつですか?

投稿: テラ | 2012年9月22日 (土) 22時41分

ゆひさん、
『カシコギ』は悲しいですよねcrying
私はドラマを見て、なんて救いがないお話なんだろうと思いましたが、原作もそうなのでしょうか?

『トガニ』はウワサを聞いただけですが、さらにズドーンと来るような話じゃないですか?
書棚のドガニ・・・怖いshock
元気な時に読んでくださいねwink

投稿: テラ | 2012年9月22日 (土) 22時46分

11月23日だったら、BookCafeやってます。
外語祭に遊びにきて、おいしいもの食べてってください~。

ちなみに、『根深い木』のイ・ジョンミョン作家は11月2日にイベントがあります。
シン・ギョンスクさんとキム・ジュンヒョクさんは東京が11月15日、大阪が11月16日です。
東京は島田雅彦作家と対談!!なので、ミーハーで見に行く予定です。

投稿: たま | 2012年9月22日 (土) 23時20分

たまさん、
東京は文化的ですね~

外語際なら、その日で決定ですね!
ふにゃさんとも相談してみます。
外語大→新大久保というコースかな。。。

投稿: テラ | 2012年9月23日 (日) 10時36分

お久しぶりですsweat02

読書週間…最近は私、読書三昧の日々です(>日本の作家だけど)。
前にも書いたかもしれないけど、仕事だ、なんだと忙しくなればなるほど、本を読みたくなるんだよね〜。
試験前に逃げ出したくて、関係のない本を読んだり、
部屋の片付けしたりしちゃうのと同じ心理bleah
お昼食べながら1時間くらい、食事後、寝るまでに2〜3時間くらい読んじゃう。
だいたい3日で文庫本1冊読むペースです。
今はまってるのは奥田英朗。短編も長編も面白いよ。
ぽにょっ会の後釜も考えたいんだけどね。何かいい案ありますか?

投稿: nikka | 2012年9月24日 (月) 09時14分

nikkaさん、
ちょんまる おれんまにえよ~

読書好きの友人にすすめられて教保文庫で奥田英朗の本を買った覚えがあります。
うひょ~って感じのノリのお話だったので、途中で投げ出しましたcoldsweats01
また読んでみようかな。。。
ぽにょっ会第2弾は、ぜひ読書家の方が考えてください~
私は打ち上げ担当しますから~

お昼食べながら1時間くらい、食事後、寝るまでに2〜3時間くらい読んじゃう。
これ、私の韓ドラのペースですsmile

投稿: テラ | 2012年9月24日 (月) 23時19分

テラさん 안녕하세요?

『가시고기-カシコギ』読み終えました。
やっぱり最後まで救いが無ーいweepと思いましたが、無理やりちょっと良かった事見つけました。
2000年に書かれた小説なのに登場人物の日本人のお嬢さんの事を「姿も素敵だけど心が美しいお姉さん」と表現されていました。
まだ「韓流」前なのに、アメリカ人や中国人ならともかく、日本人にこんな表現を使って大丈夫だったのかなと心配にもなりました。

次はヨン様監修の「ワインと人」という対談本を読むことにしました。
ヨン様と誰か(有名人)の対談だと思って買ったんですが、なんとヨン様の友達のソムリエさんと有名人の対談でした。
ちょっとがっかり・・・sad

投稿: ゆひ | 2012年9月26日 (水) 16時12分

ゆひさん、
カシコギは2000年の小説なんですか?!
意外と新しいんですね。それに、ドラマ化も早かったんだ。。。
2000年といえば、私がハングルに初めて興味を持った年でした。
その頃に知り合った韓国人の友人が、日本は悪い国だと教えられたけど、留学して来てみたら違ったって。
カシコギの作者も日本のことをよく知っている方だったのでしょうか。

ヨン様は最近何をされているのでしょう。。。
スンフン様も日本に来てくれないし。。。weep

投稿: テラ | 2012年9月26日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 창피해 | トップページ | 산 넘어 산 »