« 명가의 명대사 3 | トップページ | ボルトと私 »

엇박자D 252-11~255

book김중혁소설"악기들의 도서관" 最後の短編『엇박자D 調子っぱずれのD』を一昨日訳し終えました。

20年ぶりに高校の友達と再会するというこの話を読みながら、ここ数ヶ月間に自分自身に起こった出来事を重ね合わせていました。

人生は出会いと別れのくり返しだなと。そして、生きていれば、どんなに離れていても再び会うことができるということも。その時に、自分の人生を自分なりに精一杯生きていてよかったと思うことも。

さて、本文です。私の担当箇所は、高校時代の合唱部の件。Dの音痴が発覚する直前までの範囲です。

一か所、お手上げの文がありました。255ページの下から6行目。

아무리 편안한 맛에 들어왔다지만 그래도 명색이 합창단인데 노래를 이렇게 못할 수가 있냐?

맛は味じゃないから何と訳すのか、辞書で他の訳語を見ると、当てはまりそうなのが「気分」でした。何か慣用的な表現かと思って調べましたが見つからず・・・テキトーに「楽なクラブに入ったからって」としてみました。正解を教えてください!

その他、訳語に迷ったところは・・・

253-6 가출에 버금갈 만한 인생의 파격

「人生の破格」とは何か?と思って、「人生からの脱線」としてみました。

254-16 나는 음악실 의자의 보조책상에 엎드려 밀린 잠을 보층했다

直訳すると「たまった眠り」となって、眠りが十分と受け取れますが、これは「睡眠不足」で合っていますよね?韓国語ではこういうふうにいうんですねぇ。

それから、おんにに教えてもらった間違いが1カ所。

252-14 특수기능 特殊機能ではなく、特殊技能でした。

その他、間違っているところやお気づきの点があれば教えてくださいね。

* * * * * * *

2010年11月から始めた「ぽにょっ会」もこれで最終回となりました。この1年と10カ月の間、私のパソコンデスクの上にはずっと『악기들의 도서관』の本と単語ノートが置いてありました。

あっという間だったという気もするし、いろいろなことがあったという気もします。この本に出てくる登場人物とたまに一緒に生きているという感覚もあったりして。

そして、1冊の本を訳し終えたという達成感shine

ひとりだったら絶対に途中でやめていたはずです。本当にぽにょっ会のおかげですね。会長のnikkaさん、メンバーのみなさん、ありがとうございましたheart01

ところで、次はあるのかな?ぜひ続けたいですね。

それから、打ち上げもsign01

私の希望はソウルでsign03

これは、なんとかして実現させましょう~よ~

で、その打ち合わせを東京マッコリ会でしませんか?ひひっsmile

|

« 명가의 명대사 3 | トップページ | ボルトと私 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっとここまで来ましたね(^^)。
1人じゃない、ってことの大事さを実感しました。

いつも皆さんの訳を読んで、コメントする時用にノートに気になったところ、感心したところなど書き留めて行くんです。

今回テラさんの訳で気になったところは、テラさんが記事に書いているまさにその箇所でした。

p253の6行目の
 파격が、何で調べてもそれらしい訳が見つかりませんでした。

それからp255の下から6行目の
 맛ですね。

この2つの単語の意味をテラさんに教えてもらおうと思っていたのです。

だけど単語の意味はわからなくても、流れとして文章として良ければそれが一番かな、と思います。その点でテラさんの訳、こなれていてスゴいな、と(^^)。

それからp255の2行目の
 적절하지 않은は「適切でない」の意味ではないかしら?

この最終話は、私の体調も良くなったのでがんばってコメントしますね(^^)。

みなさん、ふぁいてぃん!

投稿: ハーちゃん | 2012年8月 8日 (水) 20時15分

打ち上げいいですねぇ~
ソウルのどこにしましょう~
ってもう行く気満々www
「東京マッコリ会打ち上げMTG編」には
おんにが参加できるといいですね♪
楽しみだなぁ~^^

投稿: ふにゃ | 2012年8月 8日 (水) 21時54分

おんに~
やり遂げましたよね!
最終回でおんにが復帰されて本当によかったです。

적절하지 않은はまったくのミスです。直します。
걱정と見間違えていましたcoldsweats01
文脈に合わないなと思いつつ、ねじ伏せるように訳しました。変だと思ったら見直すべきなのに、まさか文字を読み間違っているとは思わないから。。。
人間の思考って、こういうところがおもしろいですね。
これから年とっていくにつれ、そういうことが増えそうな予感smile

投稿: テラ | 2012年8月 9日 (木) 08時56分

ふにゃさん、
永久幹事のふにゃさん!おすすめのお店ありますか?
本場のできたてのマッコリが飲みたくないですかsign02
だからソウルじゃなくてもいいかな。。。
楽しみ~

投稿: テラ | 2012年8月 9日 (木) 09時02分

出来立てのマッコリですか…
新大久保にはなさそうなきがしますね。
そう考えると西麻布の店のマッコリは自家製でしたし
出来立てじゃないかもしれないけど
希望に沿っているのかもしれませんね。
今日はここ数日と打って変わって暑い東京です。
長野も暑いですか?
残暑の夏バテにみんな注意しなきゃですね。

投稿: ふにゃ | 2012年8月11日 (土) 12時15分

そうなると・・・

やはり全州~

全州行った時に、マッコリのお店に行けなかったからすっごく後悔してます。

いつかみんなで行きたいな~

投稿: ippoyo | 2012年8月11日 (土) 18時21分

ふにゃさん、
韓国のマッコリの醸造所に行ってみたいんだ~

日本製の生マッコリはこの前、新大久保で飲みました。
本当に栓を開けるのが大変なくらい発酵してしておいしかったです。

私は昨夜はサムギョプサル食べました。
車だったからマッコリ飲めなかったけど。。。

投稿: テラ | 2012年8月12日 (日) 10時30分

ippoyoさん、
あの全州ですね。。。
私にとって全州は、2年前に留学できると思って盛り上がって、結局行けなかったところです。
リベンジ&マッコリ!
行けたらいいね~

投稿: テラ | 2012年8月12日 (日) 10時33分

テラさんの訳はいつも丁寧で、すら~っと流してしまいそうなところに
工夫がしてあって、とても参考になります。

私が、まねさせてもらおう!っと思ったのは、254頁下から6行目
열심히の訳「せっせ」や、255頁5行目の지금도~の一文、
「ありありと目に浮かぶ」などです。
「밀린 잠을 보층했다」の「寝不足を解消する」もいいですね。
私は勘違いして「寝だめをする」だと思っていました。

「편안한 맛에」は「楽なことが持ち味のところに」としました。
「인생의 파격」も難しいですよね。
「人生のとてつもないこと」としてみました。

私もねじ伏せるように訳すことがしばしば。
でもそんな時は、たいてい読み間違えているんですよね。反省!

投稿: スミレレ | 2012年8月12日 (日) 11時07分

ごめんなさい(人><。)
一つ上のコメントはスミレレです。

投稿: スミレレ | 2012年8月12日 (日) 11時58分

私も「맛」は悩みました。
「おい、いくらここがお気楽なところだからといって、表向き名前は合唱団なんだから、こんなに歌が下手なんてありえないだろ?」としたんですけど。
「맛」は、そこに漂っているムードみたいなものなのかな~?と思いました。

「인생의 파격」も「人生からの逃走」とか「人生からの逸脱」とか、直訳じゃないけど、なんか思春期にありがちな破滅的、破壊的な感じがする言葉がいいのかな、と思っていました。

後半、「불길한 기운」を「不吉な運気」と訳していますが、「気運」を「運気」としたのには意味があるんでしょうか?
私は「不吉な‘気’」としました。

*私の前のコメントの方、テラさんじゃないよね…??


投稿: nikka | 2012年8月12日 (日) 12時46分

スミレレさん、
感覚的に自分の言葉で訳してしまうので、時々間違いもあるし、作家の言葉遣いを訳に反映させる段階には至っていませんねcoldsweats01

편안한 맛에は、やはりそんな感じでしょうか。
「寝だめ」という発想はなかったですけど、それでもいいかもしれませんね。

投稿: テラ | 2012年8月12日 (日) 15時21分

nikkaさん、
「お気楽なところ」と「人生からの逃走」はいいですねgood

「運気」は私が言葉の意味を間違えていました。
運気って気じゃなくて、運なんですね。。。
それで私がここで使いたかったのは「妖気」でした。
おどろおどろしすぎるかな?
「気」は短い言葉なのでリズム的になんとなく・・・と思ったのですが、不吉な‘気’とすればいいですね!
勉強になりますhappy01

投稿: テラ | 2012年8月12日 (日) 15時29分

テラさんの担当部分が、一番難しい表現が多かったように思いました。

아무리 편안한~の맛ですが、私は単純に
「味」+「楽だった」→「味をしめる」なのかと想像(笑)したんですが、
daum辞典に맛을 들이게 되었다で興味を持つようになったと例文がでてました。
ということは「楽できる点に惹かれたのに…」あたりでしょうか?
だけどここでは、楽なクラブ~はベスト訳なのではないかと思います。

私も인생의 파격に手こずりました。
脱線!いいですねぇ。ハッとしました。
ちなみに私は「人生の岐路」と、ありきたりなシメ感^^;
こういう漢字語の名詞を訳すのに、日韓ならではの難しさを感じます。


私はこういう会がなければ本を開いて勉強しないので、これからも積極的に参加していきたいと思ってます。
こちらこそ、いつもありがとうございます~♪

投稿: おけいはん。 | 2012年8月16日 (木) 00時46分

おけいはん。さん、
辞書にない言葉は私もネット検索するのですが、맛에~はほとんどなくて、作家独自の表現かなとも思いました。
言葉のプロだから創ることもありますよね。

この本は音に関する物語でもあり、「線」とか一本の道みたいなものがよく登場していたように思います。
なので「脱線」というイメージが浮かびました。

私も本は自発的になかなか読まないので、この会が続くことを願っています。
続けましょうね!
これからもよろしくお願いします~♪

投稿: テラ | 2012年8月16日 (木) 10時10分

おけいはん。さん、
追加ですsweat01

「居心地が悪い」
なるほど!と感心しました。
私はしっくりこないと思いながら「窮屈」と訳しました。
불편하다は出てくるたびに何と訳そうか悩む言葉のひとつです。

投稿: テラ | 2012年8月16日 (木) 10時17分

テラさん、コメント遅くなりましたm(_ _)m
テラさんの訳はいろいろ工夫されてますね!高校生の感じがよく出てると思います。

いいなあ~、と思ったところ。
・やっぱり「人生の脱線」、いいですね。私は「人生の破局」に。破格→破局と連想したんですが、高校のときの話だし「脱線」が合ってる気がします。
・254p「だだっ広い」。커다란 をただ「大きい」にすると感じが出ないし「すごく大きい」わけでもないし、と悩んでました。これがいいですね!
・「せっせと」。これも「熱心に」とか「頑張って」とかおきまりの訳にすると違うな、と思ってました。

255p3行目 뛰어들어야 하나 がどういうことか悩みましたが、私は「こんな歌を歌うのにまあ何人もかかってすることか、と思うほど、歌いやすい歌だった」としました。뛰어들어を「身を投じる」「打ち込む」のような意味にとりました。どうでしょうか?

投稿: ひがなお | 2012年8月24日 (金) 17時41分

ひがなおさん、
255の辺りは적절하다も間違えていたし、ねじ伏せるように訳した部分でした。
뛰어들어야 하나の뛰어に注目しすぎていたみたいで,뭐も見落としていました。
뭐 ~ 뛰어들어야 하나?だから反語になるわけなので、ひがなおさんの訳が正しいですね!

なんかしっくりこないなぁと思うところは、やっぱり結構間違っている率が高いものなんだと、1冊訳してみて気づきました。
でも、一度訳してしまうと、なかなか間違いに気づかないのが困ります。
何度も読み返しているのに誤字脱字はあるし。。。

勉強になりました。ありがとうございますheart04

投稿: テラ | 2012年8月24日 (金) 22時09分

テラさん、遅くなってごめんなさい。さっき、やっと自分の担当分をUPしたところです。

テラさんの訳は、本当にこなれているなと思います。
例えば、最後の方で、「…名目は合唱団なんだぞ。…下手でどうする。」といったところや、他の方もコメントされてるような「だだっ広い」とか「せっせと勉強」など。

맛에 들어왔다はやはり一番わからなかったところですが、「いくら楽ちんさに味を占めたからって」としてみました。ちょっと強引に。慣用句なんでしょうか。

ソウルは、澗松美術館に行ってシン・ユンボクの絵を見てみたいですー。1年で一番よい季節の5月と10月にしかオープンしないという幻の美術館artに。

投稿: ゆう | 2012年8月30日 (木) 23時40分

ゆうさん、
맛에 들어왔다の訳いいですねgood
やっぱり「味」という字をどこかに入れてみたかったです。

澗松美術館はそういうところなんですかsign02
絵は確かに本物は写真や映像とは全く別物ですから、直に見てみたいですね。
今年の10月は行けそうもないから、来年の5月?
ぽにょっ会の打ち上げも兼ねて、検討する価値ありそうですね。

投稿: テラ | 2012年8月31日 (金) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 명가의 명대사 3 | トップページ | ボルトと私 »