« 長野散歩 | トップページ | インド時間 »

공주의 남자

『공주의 남자 王女の男』見ましたか?

第1話では、セリョンが敬恵(キョンヘ)王女の着物を着せてもらうシーンがとってもきれいでした。2人の女性がとっても可愛くて、衣装もすっごく素敵で、はぁ~とため息をついてしまいました。

あんなにきれいに生まれたらね。。。

でも、あのきれいな2人は恋敵になって、憎しみ合うのでしょうね。男なんかのせいでケンカするなangry

Konju しかし、この男をめぐってなら、理解できなくもないですね。文武に優れ、品格、美貌を兼ね備えた貴公子、なのだそうです。はぁ~lovely

それで、どの時代の話なのか?を虎の巻で調べながら、ドラマを見ました。

敬恵王女の父親が第5代王の文宗で、世宗大王の息子。その弟がセリョンの父親の首陽(スヤン)大君で、第6代王から王座を奪った第7代王世祖。

「癸酉靖難」と呼ばれる事件に巻き込まれるお姫様の恋の物語みたいですね。韓国版ロミオとジュリエットというから悲恋なのか。。。

ところで、癸酉靖難・・・入力するのに一苦労。「癸酉」は日本語ですぐに読めましたか?「みずのととり」ですね。ハングルだと계유정난(ケユジョンナン)

ドラマはまず韓国語だけで見ましたが、やっぱり難しいセリフがいっぱいありましたね。時間があるときにもう一度見ようと思います。

『根の深い木』『妖婦チャンヒビン』『二人の妻』それに『王女の男』

こんなに見ていると、ポジャギもできないし、ぽにょっ会もできませんね。おっとけ~happy02

|

« 長野散歩 | トップページ | インド時間 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

テラさん 안녕하세요?

「공주의 남자」の特番が土曜日にあったので見ました。
アナウンサーが時代背景とかダイジェスト版を紹介してくれて、パク・シフさんとムン・ジェオンさんがゲストできていました。
やはり私も衣装やお部屋の調度品についつい目が行ってしまします。

見逃した方の為に第1回と2回は追っかけすぐに再放送が合有るそうです。
NHKもかなり力を入れているみたいですね。

24話だから途中ダレないで最後まで見れそうです。

投稿: ゆひ | 2012年7月10日 (火) 22時01分

見ました~☆
と言っても、吹き替えの方です(泣)
時代的に、「王と妃」の、前半部分ですよね
スヤン大君は、とても良い政治を行ったけれど、甥を殺して王位を奪ったので、名君と言われないんだって、解説されてました
パク・シフ君の父親キム・ジョンソは、「みずのととり」の時に、スヤン大君に殺されてしまったけど、「忠臣中の忠臣」と、言われてるんだとか。
最近、時代劇が少ないから、楽しみですわ

投稿: an | 2012年7月11日 (水) 00時40分

わぁ、まだ見てませ〜ん(^^;)。
やっぱり背景の時代を知っていると面白さが違うでしょうね。
恋敵かぁ。ツライ恋なんですね。
テラさんが好きだと言う音楽も楽しみにしてるの(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2012年7月11日 (水) 01時39分

ゆひさん、
特番があったんですか。。。
ムン・チェウォンは、ちょっと前に見た『大丈夫パパの娘だから』では好きな感じじゃなかったのですが、史劇に出るときれいですねぇ。
王女様の髪飾りなんか、本当にステキで☆
可愛い女性に生まれていたら、あんなふうに着飾ってみたかったなぁと、憧れのまなざしで見ましたよ。
私は自分が着飾れないから、ポジャギを作っているのかもしれないと思ったり。

24回なら、2度ずつ見られますね。
リスニング練習~sweat01

投稿: テラ | 2012年7月11日 (水) 07時20分

スンちゃんおんに、
「王の妃」は見てないので、この事件はよく知らないんです。
スヤン大君役のキム・ヨンチョルは好きな俳優なので肩入れしたくなっちゃうのですけど、悪役なんですねぇ。
うん、キム・ジョンソは「大王世宗」で見たときにすばらしい人だったので(役者がステキでした)、あぁこの人の息子なら立派に違いない!なんて思いました。
ドラマ見ながら朝鮮王朝の歴史に詳しくなっていきますね。
王様の名前が全部言えるようになったりしてsign02

投稿: テラ | 2012年7月11日 (水) 07時30分

おんに、
常連の役者ばかりなので、今度はこの人は何役?と思うと、時代背景を先に知りたくなっちゃうのです。
あらすじは先に見ない派なのですけど。

音楽も先に聞いちゃったので、変な感じです。
あぁ、この曲をここで使うんだぁと思ったりして。
やっぱりドラマは真っ白な状態で見るのがいいかもしれませんね。

投稿: テラ | 2012年7月11日 (水) 07時34分

テラさん

ダイジェストシーンでムン・チェオンさんがブランコに乗る場面があったのですが、思わず「風の絵師」を思い出しちゃいました。

彼女は時代劇の衣装がよく似合いますね。

投稿: ゆひ | 2012年7月11日 (水) 14時51分

ゆひさん、
あの「風の絵師」のムン・チェウォンは本当にきれいでしたよねぇ。大人びていて、キーセンの衣装がすっごく似合っていて。
声もとっても好きでした。
今回の方が若くて活発な役柄ですね。

投稿: テラ | 2012年7月11日 (水) 17時58分

テラさん 안녕하세요?

王女の男の特別番組が9/6と9/9にあるそうです

詳細はNHKの海外ドラマHPで

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/oujo/index.html

投稿: ゆひ | 2012年8月12日 (日) 21時51分

ゆひさん、
特番も録画予約します~ありがとうhappy01
敬恵王女とセリョンの不和は恋敵というより、父親の権力抗争のせいなんですね。。。

王女の男のOSTがずっと気に入っていて、聞きながらポジャギを作っています。

投稿: テラ | 2012年8月13日 (月) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野散歩 | トップページ | インド時間 »