« 最強失恋ソング | トップページ | 水飲みすぎた »

열공

地元の韓国教育院の研修会に行ってきました。勇気を出して。

なぜ勇気を出してなのかというと、2年前にこの研修会に参加したのですが、数時間にわたる韓国語だけの講義で心身ともに疲れ果ててしまい、帰宅してとっても不機嫌な態度でいたら夫に怒られて「出て行け!」と言われた大事件があったものですから。。。

でも、今回は講師が阪堂千津子先生で、日本語だったので助かりました。

3時間くらい講義を受けて、すっかり反省。

私は語学を教える技術を学んだことがないので、自分が覚えた方法でしか教えられず。でも、自分の方法が最高だと思っちゃうから、それじゃダメだって、率直に言われました。人によって適する学習法は違うから、いろんな方法を知らなければいけないって。

自分なりに試行錯誤して授業を考えてきたつもりでしたが、やっぱりひとりの頭では限界がありますよね。

韓国語に興味を持ってくれた子供たちやテラ韓国語教室に来てくれるお姉さまのためにも、私がもっと「教える」という勉強をしなきゃいけないのだと思いました。

しかし、天の神様はいいタイミングで機会を与えてくれますよね。4月から本当に勉強してなかったのです。

心を入れ替えて 열공 ヨルゴ~ンp^o^q

|

« 最強失恋ソング | トップページ | 水飲みすぎた »

「韓国語」カテゴリの記事

コメント

阪堂先生、おもしろいでしょ?ファンなんです。
個展のお知らせも渡しておいたんだけど、気づいたかしら?

投稿: たま | 2012年7月 2日 (月) 19時10分

たまさん、
ハガキ渡してくれたんだ~ありがとうhappy01
気づいてなかったみたいですよ。
とってもお忙しそうだったし。
2か月前にも阪堂先生の講義があったのに、出られなかったんですよね。。。残念でした。
うん、とってもおもしろい先生でした。

投稿: テラ | 2012年7月 2日 (月) 20時44分

長野韓国教育院ていうのがあるんですね。
全国にあちこち韓国教育院があるとは知りませんでした。
愛知県にはないのね。。。(ρ_;)
阪堂先生、だじゃれがお好きで楽しい先生ですね。
私も研修受けたいです~。

投稿: ひがなお | 2012年7月 2日 (月) 22時20分

夏に新潟で大きいのがあるんですけど、
外大の先生が多くて、なぜわざわざ新潟までいって飲むのか?と、みんなに突っ込まれてやめました。

ひがなおさん、日程があったらぜひ。韓国文化院のHPに公知があると思います。

投稿: たま | 2012年7月 2日 (月) 23時22分

阪堂先生に会ってみたくなりました。
研修会レベルは到底、無理な私でも受けれる講義って、有るのかしらん?
ところで、열공の訳を「勉強がんばって」とされてますが、辞書には載ってなくて元はどこから・・・
私こそ、ヨルゴーンですwobbly

投稿: ビョンミ | 2012年7月 3日 (火) 00時28分

ひがなおさん、
松本は民団の活動が活発で、いろいろな行事があります。
去年のスピーチ大会もそうでした。
教育院長が歴代とってもいい方が韓国からいらっしゃっていて、私たちはラッキーだなと思います。

阪堂先生はハンガンネットを立ち上げていらっしゃいます。ご参考に↓
http://www.hangangnet.com/

投稿: テラ | 2012年7月 3日 (火) 09時42分

たまさん、
文化院と教育院は違うって、院長が協調していましたが、何か派閥でもあるのかな。。。
東大でも9月にすごい専門的な研修会が開かれるそうですね。

投稿: テラ | 2012年7月 3日 (火) 09時45分

ビョンミさん、
阪堂先生はいろいろな大学で講義されているようなので、どこかで受けられるかもしれませんよ。
ハンガンネットもチェックしてみてください↓
http://www.hangangnet.com/

열공は열심히 공부하자の略語で俗語です。
「勉強がんばって」というより「勉強がんばる!」ですかね。
高校生によくヨルゴ~ンと呼びかけています。

投稿: テラ | 2012年7月 3日 (火) 09時49分

文化院は韓国政府の所轄なので、教育院(民団)とは違うかもしれませんね。
阪堂先生はそういうしがらみのないところがいいのかも。

アンテナを立てると、それこそ数えきれないくらいいろんな研究会・勉強会がありますよ~。

東京に学びに来るときは連絡してね。

投稿: たま | 2012年7月 3日 (火) 20時30分

たまさん、
文化院は東京にしかないんですねぇ。
やっぱり東京へ留学かsign02
今とっても師匠がほしいです。

投稿: テラ | 2012年7月 3日 (火) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最強失恋ソング | トップページ | 水飲みすぎた »