« ひとりマッコリ会 | トップページ | 58秒 »

冬ソナふたたび

午後2時、お昼を食べながらドラマでも見ようとTVをつけると、冬ソナのユジンとミニョン氏が現れました。

살다보면 항상 갈림길에 서있는 순간들이 오는 것 같아요. 이길로 가야 되나, 저길로 가야 되나......결정을 해야 하죠.

경정하기 힘들면 잡아주는 쪽으로 가는 것도 나쁘지 않아요. 지금처럼요.

「生きていると、よく分かれ道に立つ瞬間が来るような気がします。この道をいけばいいのか、あの道をいけばいいのか・・・決めなければなりませんよね」

「決めるのが難しければ、手を引かれた方に行くのも悪くないですよ。今のようにね」

初恋のチュンサンとそっくりのミニョン氏と、婚約者サンヒョクの間で揺れているユジンに、ミニョン氏がアタックする場面です。スキー場で。

あぁ、そうでした。10年前くらいでしょうか、こんなセリフに日本中の中年女性がheart02ドキッとして、一瞬のうちにぺ・ヨンジュンに恋したのでした。

ユジナァ、という声にも。

どちらにも行けないというユジンに、ミニョン氏はさらにたたみかけます。

오늘 상형이 만나서 결혼 못할 것 같다고 말했어요......그리고 민형시한테도 나, 갈 수가 없어요.  나요, 앞으로 혼자서 지내볼래요.  잘 할지 모르겠지만......민형씨, 나 상혁이한테도 민형씨한테도 나쁜 사람 되고 싶지 않아요......도와줄 수 있죠?

도와줄 수 없어요.  그건 결정이 아니에요.  포기지......난, 유진씨가 포기하는 건 도와줄 수 없어요.

「今日、サンヒョクにあって、結婚できそうにないと言いました。そして、ミニョン氏のところにも、私は行けません。私ね、これからは一人で生きていきます。うまくいくかどうかわからないけど。。。ミニョン氏、私、サンヒョクに対しても、ミニョン氏に対しても悪者になりたくないの。わかってくれるでしょ?」

「わかりません。それは決断ではないですよ。放棄でしょう。僕は、あきらめるというユジンさんの決断を手助けするわけにはいかないんです」

どうですか?こんなに迫られたら、せっかく決めた心も揺らいでしまいそうですよね。

このドラマを初めて見た頃、私は韓国語初級だったのですが、韓国ドラマによく登場するこの포기(放棄)という言葉が強く印象的に残りました。

チャングムも 포기하지 말고 あきらめずに母親の復讐を成し遂げ、ユジンもあきらめずにミニョン氏との愛を貫きました。

韓国人はあきらめない人達なんだなぁ、そうして自分の人生を完結させていくんだなぁと憧れのような感情を持ちました。そんなドラマにすごく感化されてきたのだと思います。

それで、こんながむしゃらな10年間になってしまったような。。。

それにしても・・・

離れていくユジンを捕まえようとして、必死に愛を叫ぶサンヒョク、今は亡きパク・ヨンハの演技が痛ましくもキラキラしていて、見ていると涙があふれますweep

|

« ひとりマッコリ会 | トップページ | 58秒 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も最初に見たドラマが冬ソナ、そして韓国語を始めるキッカケになったドラマでした(^^)。2004年の年末のことでした。
それから一年半くらい、毎日見ていましたね。シナリオ集も買い、それに載っていない部分を必死に聞き取ろうとしていましたっけ。
ホント、パク・ヨンハ君のことを思うと
残念でなりません。何とかならなかったのかな、ってね。
それにしても冬ソナの功績は大きいですね!

投稿: ハーちゃん | 2012年4月 3日 (火) 16時04分

おんに、
今日久しぶりに冬ソナを見たのですが、セリフはやっぱりよく聞き取れるようになっていますね。
でも、キム次長のアドリブのようなセリフは相変わらず難しいと感じました。

小倉先生はアンチ冬ソナなんですよ。
ミニョン氏がユジンのセリフに感動するところがおかしいって。
私も今日、日本語に訳してみて、ユジンのセリフに違和感を覚えました。
あなたも彼も好きだけど、どっちもあきらめるから協力してくれる?というところ。
当事者に言っちゃうところ、理解できないな。。。
それをミニョン氏が怒りもせず、その考え方は間違っていると言うところ。
ドラマではとってもロマンチックに見えるのにです!
韓国語の意味がよりストレートに聞き取れるようになると、小倉先生のようなスタンスになるのでしょうか。
それにしても、冬ソナは韓流の古典になりつつありますよねwink

投稿: テラ | 2012年4月 3日 (火) 21時32分

私もハーちゃんオンニと同じく、シナリオ集持ってます。挿入歌の意味が知りたくて、辞書を買い、そしてNHK講座を見はじめたんですよね~
あれから・・う~ん あんまり進歩してないような^^;

ここ数年見てないので、テラさんのコメントを見て、もう一回見直してみようかなと思いました。


私は冬ソナを見て覚えた言葉は「정말 」「미안해」
「버스 」
謝るシーンが多くて、すぐに覚えたな~そしてユジンとサンヒョクが学校に行く時にバスに乗るとき「버스」と言っていて、同じようだな~と思ったことを今でも鮮明に覚えてます。

 

投稿: ippoyo | 2012年4月 4日 (水) 16時18分

ippoyoさん、
冬ソナ派だったのですね。。。
わが家の冬ソナのシナリオ集はずっと本棚の飾りになっていて、昨日は久しぶりに取り出して見ました。

この頃すごく感じるのですが、韓国語を聞いた時の印象と、きちんと訳した時の印象が違うんですよ。
つまり、わかったつもりで聞いているだけで、全部聞き取れているわけではないのだということですよね。
都合のいいように聞いているのかも。

というわけで、私も機会があればもう一度初めから冬ソナを見てみたいと思っています。

投稿: テラ | 2012年4月 4日 (水) 18時29分

冬ソナの時、韓国に興味がなかったのですが、
セリフがきれいで聞き取り易いと聞きました。
韓国にはまっている今、
見始めたらきっとはまるかも^^
20話あるんですね。
GWに見ようかな^^

投稿: ふにゃ | 2012年4月 4日 (水) 22時08分

ふにゃさん、
あの頃、冬ソナのセリフは深いよね~なんて友達と話していたことを思い出します。
とにかくロマンチックだから見てくださいねwink
そういう恋愛をしたことがない人にはピンとこないみたいですけど。。。
感想を聞きたいな~

投稿: テラ | 2012年4月 5日 (木) 09時31分

テラさん 안녕하세요?

「決めるのが難しければ、手を引かれた方に行くのも悪くないですよ。今のようにね」

このセリフを初めて聞いたときに思った事「手を引いてくれる人でも、背中を押してくれる人でもいいから現れてくれ~!!」
いつも立ち止まって右も左も行けず足踏み状態、そして後悔・・・
自分も他人も信用できない、意気地なしの私です。

投稿: ゆひ | 2012年4月 5日 (木) 15時23分

ゆひさん、
もう一度若い頃に戻って、こんな一途な純愛をしてみたいと思います。
でも、汚れてしまったおばさんはもうダメなんですよね。
だから、冬ソナの世界はより美しく見えるのです。

何か決めなければならない時、背中を押してくれる人がいたらと思うことありますね。
でも、それで迷ってしなかったことは、しない方がよかったことなのだと思います。
いつも立ち止まっているのが悪いわけではないですよ。
思い切ってしてみたけれど、まちがっていたということもありますからcoldsweats01

気の向く方へ、自分の内なる声を信じて、迷ったら天の声を聞いて、そんな感じで!

投稿: テラ | 2012年4月 5日 (木) 16時23分

テラさん

暖かい励ましありがとうございました。
立ち止まっていたのは、私の動物的感でその道を選んだってことでしょうか。
確かにそのお陰で危険な目にも遭わずこうして無事生きているんですものね。

自分の内なる声に耳を傾けることを忘れないようにします。
なんかスッキリしました。

もう一度 ありがとうございましたと言わせてくださいね。

投稿: ゆひ | 2012年4月 6日 (金) 08時11分

ゆひさん、
私はこの2週間くらいの間にいろいろ考えることがありました。
そんな時期にお話ができたのは、やはりご縁だと思います。
勘とか縁とか、目に見えないけれど不思議な力ってあるのでしょうね。
こちらこそありがとうございますheart04

投稿: テラ | 2012年4月 6日 (金) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりマッコリ会 | トップページ | 58秒 »