« 명가의 명대사 | トップページ | 桜舞い散る »

명가의 명대사 2

感動した『名家』11話のセリフの続き。

別れ際、弟子に送る師匠の言葉。

사람이 헤어지는 같아도 실은 그렇지 않아. 내가 어디 있든 내가 숨쉬는 공기를 자네도 숨쉴 것이고 하여 뜻이 같고 말이 같은 이들은 결국 이 세상에 함께 하고 있음이야.

人は別れるようでも、実はそうではない。私がどこにいようと、私が呼吸する空気をお前も呼吸するのだし、だから、志を同じくし、言葉を同じくする人々は、結局この世を共に生きることになるのだ。

* * * * * * *

出会いがあると別れがありますね。

人生が一時交差して、出会えてよかったと思う瞬間があり、その瞬間が過ぎるとそれぞれまた別の道を歩いていかなければならない。

そんな経験をくり返しながら生きてきました。ずっとずっと一緒にいられる人がその人であったらよかったと、そんなことも思いました。

でも、同じ空気を吸って、同じ目標に向かって生きていれば、共に生きていることになる。

そんな言葉に励まされますconfident

|

« 명가의 명대사 | トップページ | 桜舞い散る »

「韓国語」カテゴリの記事

コメント

名家、私も観てました!!
実話だからでしょうか、エピソードのひとつひとつに重みがあって、感激しました!
俳優陣も、演技派揃いでしたね
最近見た中では、一番良かったかも・・♪

投稿: すん | 2012年4月28日 (土) 00時15分

すんちゃんおんに~
こういう韓国史劇は本当に感激しますよね。
まだ最後までは見ていないのですけど、セリフの一つ一つを聞き逃したくない思いです。

あの主人公は韓ドラ初期のイケメンで、彼はこんなふうに年を重ねたんだなぁと懐かしく思いました。
その分私も。。。

投稿: テラ | 2012年4月28日 (土) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 명가의 명대사 | トップページ | 桜舞い散る »