« 不思議体験 | トップページ | はむにだ2 »

掃除機をかけながら

お姉さんが言ってました。古武術の興奮は結構長く続くよって。

今日で4日目ですが、本当にまだ続いています。そして、あの技がまだ使えるかどうか確認。だって、魔法のような技なんですもん。魔法が切れていないか・・・大丈夫でした。70kgもの体重も支えられるあの技smile

さっき、掃除機をかけながら、力の入れ方について考えました。どれくらいの力で掃除機を動かすことができるか、ということです。古武術の影響happy02

まず取っ手は右手だけで持ちます。なので、左腕は完全に脱力状態。そして、右腕も肩とひじの力を抜いて、ただ取っ手だけを持ちます。この時の持ち方は軽くです。決して握らない。

この持ち方で、ヘッドを前に進めることだけに集中します。今の掃除機は性能がいいので、指1本でも前に進めることができます。戻す時やコントロールするときには1本だと無理なので、3本くらい使います。

でも、それだけ。なんて省エネsign02

今までは、もっと肩に力が入ってガチガチになって掃除機をかけていたような気がします。床を押すような感じで、自分がゴミを吸い取るぞー!というような意気込みで。

実は、そのゴミを吸い取るぞー!と意気込むことで無駄な力が入るのではないかということに気づきました。私がすべきことは、ゴミのあるところにヘッドを進めることだけなのです。ゴミを吸い取るのは掃除機のすることなのですから。

足とか腰にもほとんど力は入れず、ぶらぶら。たぶん、私たちの世代の言葉ではこんなイメージ。「掃除?!たるくてやってらんねぇ~」

そんなことを考えてsmileにやにやしながら掃除機をかけていたら、ふだん掃除しない部屋まで行って、そこであっちゃーwobbly まるで蜘蛛の楽園sign01いたるところに蟻みたいな小さな蜘蛛の巣が張りめぐらされていたのです。

秋になって、日差しが部屋の奥まで差し込むようになりましたよね。ほこりが目立つ季節です。余計な力を抜いて、掃除機かけを楽しみましょう~note

|

« 不思議体験 | トップページ | はむにだ2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オドロキ〜!
その掃除機のかけかたを想像してみました。へぇ〜、それでかけられるのかぁ。うちでは掃除機をかけるのは主人なので(^^;)教えてあげましょう。でも本当はテラさんみたいに実地で習うべきなんでしょうねぇ。
古武術って、体の使い方から入って結局は心にまで影響を与えるんだ。スゴいなぁ。私みたいに丈夫でない者でもできそうなのね。
まったく知らない世界でした(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2011年10月18日 (火) 11時45分

おんに、
本当にオドロキ~!なんですよ。
体の丈夫でない人とか力が弱い人にこそ、この力の使い方を知ってほしいと思います。
意識が力に影響することを知って、心の動きをコントロールし、体の動かす部位に意識を集中して最大の力を発揮させる・・・入門編ではその辺りまで学びました。
奥が深そうですよ。

ご主人はお掃除係なのですか?
ふふっ
うちはお風呂係です。

投稿: テラ | 2011年10月18日 (火) 19時58分

テラさん アンニョンハセヨ?

インターネットで古武術介護と言う言葉を見つけて、正直「???」でした。
でもテラさんのお話を読んでると私も習わねばという気持ちが湧いてきました。
父が今入院中なんですが、近く退院をさせられそうなんです。家で介護するなんて・・・と途方にくれてましたが、出来る事からやらなくちゃいけませんよね。
近所で古武術教室がないか探して見ます。

投稿: ゆひ | 2011年10月19日 (水) 06時35分

ゆひさん、
私も古武術に興味を持ったのは、介護に応用しているTV番組を見た時でした。
力の使い方次第で、というのが魅力ですよね。
本なども出ているようですが、こういうものはきちんと指導を受けて、本当のことを体感するのがいいと思います。
出会えるといいですね。
お祈りしています。

投稿: テラ | 2011年10月19日 (水) 07時43分

へえsign03
力を抜くのが、まずのポイントなんですねeye
目からうろこです。

投稿: ゆう | 2011年10月20日 (木) 23時20分

ゆうさん、
目からうろこ!自分の体なのに、知らないことってあるんだな。。。と。
必要な部分に力を集中させるために、他のところの力を抜くのですsign03

投稿: テラ | 2011年10月21日 (金) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議体験 | トップページ | はむにだ2 »