« 結婚とは・・・ | トップページ | 濃音の練習 »

涙で読めないToT

通訳ガイドの試験まであと89日になってしまいました。携帯のナルチャカウンターの数字が毎日一つずつ減っていくのをただただ見ていた先週。。。

今週こそは始めなきゃ!と思って、昨日から語彙を増やす目的で、『大人のための韓国現代童話集』を音読して、韓訳もしてみることにしました。新しい教材を買うよりも、まず持っている本でなんとかしようと思って。

去年くらいにCDを何度も聞いたので、ストーリーはわかっていて、イム・チュヒさんの朗読もまだ耳に残っている感じです。なので、音読は楽勝~と思っていたのですが・・・

1話目の「世界で一番美しい足」を読み始めるや、涙があふれてきてcrying

ストーリーを知っているにもかかわらず、泣けて泣けて、前に進めないのです。

運動会でお母さんと手をつないで走るという競技に出た小6の男子の話です。小児まひで足が不自由なお母さんに、その日だけは堂々と走ってもらいたくて一緒に競技に出たものの、お母さんはやっぱり走れない。観客席からは笑い声が。

でも、あきらめたらお母さんには一生悲しい思い出になってしまうだろうと考えた男の子は、お母さんをおぶって走り、ゴールするのです。笑っていた観客席も、いつの間にか「走れ、走れ」の応援に変わって。

だめだぁ。これを書きながらもまた涙がcrying

しかたない。やると決めたので、今週は泣きながら勉強しましょうか。目標は1日2話ずつです。1冊12話が終わる頃には涙も枯れていることでしょう。

ふぁいてぃ~ん!

|

« 結婚とは・・・ | トップページ | 濃音の練習 »

「韓国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結婚とは・・・ | トップページ | 濃音の練習 »