« ‐オヤジヨ | トップページ | 知らぬが仏 »

和解

韓国ドラマの特徴のひとつは「和解」ですよね。殺したいような相手であっても最終回には和解するというパターンが多くないですか?

今見ている『エデンの東』でも、最終回が近づくにつれ、反目していたもの同士が次々に和解しています。途中から敵のようになったイ・ドンチョルとイ・ドンウクの兄弟の仲は修復されるのかsign02 父親の敵であるシン・テファンを許すことができるのかsign02 

とうとう最終回を残すだけとなったので、惜しみつつ、今晩にでも見るつもりです。(古いドラマなので、結末をご存じの方はたくさんいますよねwink

しかし、なぜ和解できるのか?それがずっと疑問です。

ひざまづき、ぽろぽろと涙を流し、「제가 잘못했어요. 용서해 주세요. 私が悪かったです。許してください」というシーン。

私が初めてその疑問を持ったドラマ『明朗少女成功記』では、最終回に、主人公の女性と、恋敵であり、主人公のおばあさんを車の事故で殺してしまった女性が和解するのです。これがまったく理解できませんでした。

父の敵と思うような相手にも、面と向かって言い合いをするし、時には胸ぐらをつかむくらい接近しますよね。

私なら、そんな相手には絶対に会いたくないし、この世に存在しないものとして頭の中で抹殺するでしょう。

この理解できない韓国人の感情が、でも、見ていておもしろいのです。どうしてわざわざ近づいて行って・・・とやきもき、いらいら。

これって、韓国人の 고운 정, 미운 정 というのがあるからなのでそうですよ。好きな人に対する情もあるし、嫌いな人に対する情もあるということ。確かに、好きな人も嫌いな人も常に気になっているという点では同じですからね。

韓国ドラマの特徴のもうひとつは、勧善懲悪であるという点。最終的にはたとえ死という結末だったとしても、よい人は救われて、悪い人はそれなりの罰を受けるものが多いですね。なので、そうなるんだろうな・・・と、ある意味安心して見ることができるのです。水戸黄門的な。

さて、『エデンの東』の結末やいかに。。。

これを見てしまわないことには、ぽにょっ会のことも旅行の準備も進められないのでねsmile

|

« ‐オヤジヨ | トップページ | 知らぬが仏 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ここ3日翻訳できなかったので
かなり遅れてます><汗汗汗
あと10Pあるというのに
『韓国グルメナビ』とかいう録画を見てしまった><
ひゃー><;
水戸黄門的なドラマ好きです♪
水戸黄門自体も大好きです♪
ドラマ最後まで見ないと進められないですよね^^
わかります。ぐふふ。

投稿: ふにゃ | 2011年2月 1日 (火) 19時04分

うんうん、わかります。
私は先日まで「妻の誘惑」でそういう状態でしたsmile
これもトンデモナイどろどろ復習劇で、最後はえ~shockでした。
ありえない濃密な人間関係、執念むき出しの悪役、それがある時ぽろっと改心したり・・・、ありえないでしょ~!と言いつつ見てしまう。
恐るべし、韓ドラtyphoon

投稿: ひがなお | 2011年2月 2日 (水) 05時52分

ふにゃさん、
昨日最終回見ました。意外とあっさりした最後だったので、そのあとすぐに翻訳のチェック!
日本語ってすごく早く読めるんだなぁと、当たり前のことに感心したりしてwink

10ページですか。がんばって~
「マニュアルジェネレーション」の結末はいい感じですよgood

投稿: テラ | 2011年2月 2日 (水) 08時38分

ひがなおさん、
どろどろの韓ドラ好きですgood
「エデン」はソン・スンホンが海に投げ出されても、銃で撃たれても、死ぬほど殴られても絶対に死ない、ありえない~!という不死身な主人公だったのですが、最終回で。。。

長いドラマだと途中でいなくなる人がいますよね。あの人どうしたんだろう?と思うこと多くないですか?

投稿: テラ | 2011年2月 2日 (水) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ‐オヤジヨ | トップページ | 知らぬが仏 »