« 青瓦台に行ってみることに | トップページ | 高校生 좋아해요 »

マニュアル・ジェネレーション6(p.59-4~63-10)

virgoゆうさんの担当箇所です。以下の글쓴이はゆうさんです。

______________________   ___

読んで、そして訳していて楽しい小説でした。

ジャックを差して、遠い地球の裏側の音楽と繋がるという発想が、電話越しにピアノ演奏と繋がる「自動ピアノ」と重なりあうところがあって、おもしろかったです。

さて、私の担当箇所で特に気になった表現、訳しにくかったところは

①59ページ6行めの 곧이곧대로 듣는 스타일

「言葉どおりに受け止めるタイプ」初めて出会った単語でした。

②59ページ8行めの 서로 으르렁거리는 모습이 낯설었던 것이다.

「お互い言い争う姿になじみがなかったのだ。」言い争うがちょっとひっかかりました。ずけずけと相手を非難することばを交わしていても、敵対し合っているわけではなく人間関係はうまくいっているようですから、「お互いずけずけ言い合う姿になじみがなかったのだ。」位が良かったでしょうか。

③59ページ下から4行目の 마감에 참여하지 못할 때는

締め切り間際の追い込みに参加できない時は」としました。月刊誌などの編集室では、原稿の締め切り直前はそれこそ戦争のようで、皆が総出で遅くまで仕事に追われる。そこに参加することで一体感が出てきて、共有できるものができてくるのでしょうね。

④ページ下から2行めの 목욕탕

「風呂屋」?「銭湯」?日本だと30年位前の風俗のようで何だかしっくりこないんですけれど、한준막 でも 짐질방 でもない韓国の 목욕탕 って、どんなふうになっているんでしょうか。

⑤60ページ2行めの 단 5초만 보아도

「たった5秒見ても」としましたが、普通こんな風には言いませんよね。韓国語では短い時間だという意味で5秒とよく使うのでしょうか。「一目見ただけで」とした方がいいかも。

⑥ページ10行目の 발소리가 참새처럼 허공으로 날아올랐다.

「足音が雀のように虚空に舞い上がった。」音へのこだわりが感じられますね。

⑦ページ13行めの 내게 손짓으로 자리를 안내하고 앉았다.

別に難しい単語はないんですが、「手で示して席を勧め」なんか日本語としてぎこちないですよね。

⑧63ページ8行めの 결과창

「検索結果窓」デジタルで数値やことばを入力すると計算(検索)結果が表示される四角い窓のことかな、と思ったのですが、日本語で何て言うんでしょうか。

|

« 青瓦台に行ってみることに | トップページ | 高校生 좋아해요 »

ぽにょっ会」カテゴリの記事

コメント

ゆうさんの翻訳もとても読みやすかったです。
②私は「やいやい口げんかする場面に慣れていなかった」としました。でも、本当にけんかしているわけじゃないから、「ずけずけ言い合う」がいいですね!
③「間際の追い込み」を補うとはナイスですgoodなるほど、すごくわかりやすくいい感じになりますね。私はとても考えつきませんでした。
⑤5秒・・・ほんと、どうしてでしょう?韓国語ではよく使う表現なんでしょうか。私は今まで出会ったことなくて、悩みましたdespair

62ページ2行目「そんな堅苦しいお話はやめましょう」何気なく上手い訳ですね!とても自然です。
私は「そんなに硬くお話ししないでください」なんて直訳してしまいましたsweat01

62ページ10行目最後は、過去連体形なので、「書いてある」マニュアル、ではないでしょうか。

投稿: ひがなお | 2011年2月16日 (水) 22時08分

私もゆうさんの訳を読みながら、なるほど!自然な日本語!と思うところがたくさんありました。
62の「グラニュー糖」角砂糖じゃないから、カップにさらさらと入る砂糖のイメージですよね。私もグラニュー糖にしようかどうか悩みましたが、普通の砂糖にしました。
工夫されたところがものすごくたくさんあるのだなと感心しました。

①は「鵜呑みにする」と訳しました。

④は「銭湯」でいいかなと。テレビで見る限りですが、日本と同じような銭湯もありました。

②は作家のしゃれた表現かと思い「吠えあう」と訳してみました。2人がトラになったみたいにウーって吠えあうイメージです。

⑤もわざと5秒という表現にしたのかと思いました。そんなことを言いそうな社長だなと。

⑦は、「社長は私に、こちらへと席を案内してから席についた。」と訳しました。

⑧はしばらく考えましたが、「結果ウィンドウ」と。

ひがなおさんの62のマニュアルについてですが、過去連体の通りに訳すと「書いてある」ですが、「書いた」の方が自然な日本語のような気がします。もっと日本語っぽくすると「書かれた」でしょうか。
들어놓은とかも「入っている」よりは「入った」の方がいい感じじゃないですか?

投稿: テラ | 2011年2月17日 (木) 16時58分

ひがなおさん
一番乗りでコメントしていただき、とても嬉しいです。(うるうる)
私の訳は直訳からなかなか離れられないなあ、という自覚があるので、読みやすいと言ってくださるとホットします。

②「やいやい」は思いつきませんでした。こうしてみると日本語の表現もいろいろありますね。擬態語、擬声語もたくさん知っていると翻訳に幅がでてくると思いました。

「書きとめておく」は確かにどう考えても変ですよね!どうしてこんな訳になったのでしょう^^;なんか、主人公がその日の料理を書きとめておきたくなったという連想が働いたのかも…。
ひがなおさんの「どんな料理かが書いてある」テラさんの「どんな料理かを書いた」「どんな料理かが書かれた」いずれもよさそうですが、微妙にニュアンスが異なりますね。

投稿: ゆう | 2011年2月17日 (木) 19時30分

テラさん
帰国早々、書き込みしてくださってありがとうございますm(._.)m

①鵜呑みにする
②吠えあう ですか!なあるほど!私は思いつかない。なんか、テラさんの感性というか、語感にハッとさせられることがたくさんあります。

⑤5秒は、テラさんの太鼓判?により、社長らしい独特の表現ということにしました。

⑦テラさんみたいな意訳を、私も是非したいと思うのですが、なかなか原文を離れられないのですよね。
韓国語の言い方は日本語より直接的だなと思いました。「手振りで」とか「手招きで」とかも考えたんですが、手にこだわると変ですものね。


投稿: ゆう | 2011年2月17日 (木) 19時41分

ゆうさん! コメント遅れてごめんなさい!!

①59ページ6行目「곧이곧대로 듣는 스타일」…「言葉どおりに受け止めるタイプ」はなるほど!と思ったんですが、日本語として「額面どおりに受け取るタイプ」もアリかな?と思いました。

②59ページ8行目「서로 으르렁거리는 모습이 낯설었던 것이다.」は「お互いにいがみ合っている様子が見慣れなかったのだ」としましたが、「いがみ合う」だと完全に仲が悪い感じになりますね。「互いにずけずけ言い合う」の方が、言葉がきつい感じだけど若干仲の良さも感じられて…いいですねup

③59ページ下から4行目「締め切り間際の追い込みに参加できない時は」というのは、すごくいいですねshine

④59ページ下から2行目「목욕탕」は「銭湯」にしました。そういうのがあるのかどうか?でしたが。テラさんによると、あるとのことですね。「ひとっ風呂浴びて…」的な感覚でしょうかね?>シャワーと書いてましたけど。

⑦61ページ13行目「내게 손짓으로 자리를 안내하고 앉았다.」は「手で席を勧めて座った」としました。

⑧63ページ8行目「결과창」は「結果ウィンドウ」と訳しました。ここは一種のシャレで、検索→結果というのを今風に表現したかったんだろうなって気がします。ちょっと前なら、漫画なんかで、頭の中で計算するときに、数字がガチャガチャ回るレジの金額の部分(?)みたいのが出てきたりしましたよね?(わかってもらえるかしらん??coldsweats01

ほかに私が気になったのは…
・60ページ下から3行目「왜 그랬는지 모르겠지만」は「どうしてそう思い込んでいたのかわかりませんが」としました。

・61ページ8行目に「社長は背が低く首と腕と足、すべてが細かった。コ・シニさんが横に立っていると、すべてがとても対照的だった。」とありますね。私の担当部分で、なぜコ・シニさんの体格が「悲愴」なのか…という話をしていましたが、コ・シニさんの体格は頑強なゴツゴツした感じで、それがやはり悲壮感につながるんだな~と、読み直してなんとなく納得しましたconfident

投稿: nikka | 2011年2月22日 (火) 18時17分

いえいえnikkaさん、
コメントありがとうございます。

①「額面どおり」なーる!それがあったかって感じ。

④そう。わざわざ銭湯にしろ風呂屋にしろ湯船のあるところにお金払って行って、シャワーで済ませるってないでしょう!と思いますよね

⑧わかりますよ^^v トムとジェリーのアニメ風というか…(これ、わかってもらえます?)
テラさんもnikkaさんも「結果ウィンドウ」ですね。ウィンドウとすることで、デジタルらしく、今風になりますね。

「왜 그랬는지 모르겠지만」は、nikkaさんの訳がすごく自然ですね。私の訳はぎこちない。ただね。その直前の質問が「왜 그러세요?」だったので、訳も質問のフレーズを繰り返す形にできないかなと、悩んだあげく、あんなふうな訳になったのですよ。変にこだわりすぎだったかも?

よりぴったりの日本語探し、難しいけれど楽しいですね。

悲壮感についてのコメントも、興味深いです。訳語についての意見交換もためになるけれど、私にとっては、小説のテーマだとか、登場人物についてだとか、風俗習慣についてだとか、そんな皆さんのお話の中に、いっぱいハッとするようなコメントをみつけて、嬉しくなります。私、割とぼーっと作品を読んでいるから、いろんなことに気がつかないんですよね。감사!감사!

皆様からのよろずコメントも、引き続きよろしくお願いします。

投稿: ゆう | 2011年2月23日 (水) 23時00分

ゆうさん、完全にうっかりしてました(汗)ごめんなさい。
いまさらですがコメントです^^

ゆうさんのところは、私も、初めて出会う表現が多かった箇所です。
ただ、ここも前半からの勢いはおとろえず、テンポよく読めるようにしたいな~という願望のもとに、以下のようになってます。

1.「そのまんま受け止めるタイプ」としました。
2.「ずけずけ」という単語は作風にハマッてて、粋ですね。
私は、シニさんは1.にあるようにあるものをあるようにとらえてしまう単純っ子なので
「言い争う姿」でいいのではないかと思ってしまってたのですが。
4.は迷いました。私も未体験ゾーンなもので^^;
ただ、知らない人にどういうものか伝えるとしたら、多少違えどもやっぱり「銭湯」になるんじゃないかなと思います。
それにしても「簡単にシャワーをしてきて」とありますが、浴槽があってもシャワーで済ますんですね。
浴室のないシャワーだけのところがあるのでしょうか。謎。

6.は、とっても「らしいな」と思いました。
数ある鳥の中から雀。音の軽さと、レストランの雰囲気まで同時に伝わってくる絶妙な一文!

8.검색창→결과창って言いますよね。
個人的には、検索したら結果がポップアップで表示される、という状況を表しているのではないかと思いました。
「頭の中」は直前に出ているので省略して「すぐに一つの製品が探し出された」としました。


上のコメントに、ぼーっと作品を読んでいるからと書かれてますが、母国語の文章だとさらにそうなると思うんですよね。
だから、なんとも思わずに選んだ単語に、私達が食いついてあれはなぜなのか?何か意味があるのか?と思いがちですが、固くなりすぎずにいればいいのかなーと思いました。
そして、母国語の文章として自然な形にするのは大前提で、知っている実際の文化をどの言葉で伝えるかという術をもっと手に入れなきゃな、と痛感しましたね~。
ほんと、難しいですね。そして楽しいですね。

投稿: おけいはん。 | 2011年2月27日 (日) 16時04分

おけいはん。さん、コメントありがとうございます。
催促してしまったみたいで、すみませんm(..)m

>검색창→결과창って言いますよね。
あっ、そうなんですか^^;
確かに、無理に名詞として訳さなくても状況を説明できればいいですよね。

地元の勉強会で、'옥탑방''찜질방'はそれぞれどう訳すかというのが
話題になりました。「オクタッパン」「チムチルバン」として注釈をつける、
またはカッコ書きする、とか、「屋根裏部屋」「屋上部屋」、
「スーパー銭湯」「韓国式サウナ」など出ましたが、
決め手はなかったですね。

あまり意識せずすらっと訳した部分がいいと言ってもらえる時は
嬉しいですね。まるごと翻訳をやることで、直訳と創作(?)の間を
行き来する加減を考えたり、専門技みたいなのがやっぱりあるんだろう
な、と思ったりするのも初めての経験で、面白いです。


投稿: ゆう | 2011年2月27日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青瓦台に行ってみることに | トップページ | 高校生 좋아해요 »