« 助けられています | トップページ | 행복한 하루 »

해변의 카프카 제49장

とうとう最終章です。

この最終章は、嵐が過ぎ去ったあとの青空に、乾いた風が吹きぬけて行く、そんな爽やかなイメージの章だと思いました。

森の中から海辺の図書館へ、サーファーの大島さんのお兄さんがカフカ君を連れ帰ってくれます。2人の会話から、カフカ君は将来サダさんのような大人になるのではと、なんとなく思いました。

最終回、それぞれの登場人物が残していった感動的な台詞を載せておきますね。

oneサダさん

"우리는 서핑을 통해 자연의 힘에 거역하지 말아야 한다는 것을 배우지."

 -지 말아야 하다 は、「…しないようにしなければならない」なので、거역하지 말아야 한다 は「逆らわないようにしなければならない」。

 「俺たちはサーフィンをすることを通して、自然の力に逆らわないことを覚える。」

"하지만 어쨌든 그럴 땐 바다 밑바닥에서 파도에 시달리며 꼼짝하지 말고 있어야 해. 당황해서 허둥지둥거려 보았자 아무 소용이 없으니까."

 -지 말다 の進行形もあるのですね。。。 -말고 있다 「…せずにいる」

 「でもとにかく君は海の底で、波にもまれながらじっとしていなくちゃならないんだ。あわててじたばたしたところでなんともならない。」

"하지만 일단 그런 공포를 극복하지 않고서는 제대로  된 서퍼가 될 수 없지.  죽음과 단 둘이 마주 보고, 서로를 알고 그것을 극복해 가는 거야."

 제대로 된 … よくできた…、この言葉を聞くとドキッとします。最後の 극복해 가는 거야 の 거야 はたまらなく好きな韓国語の響きの一つ。

 「でもそういう恐怖をいったん乗りこえないことには、一人前のサーファーにはなれない。死と二人きりで向いあって、知りあって、それを乗りこえていくんだ。」 

two大島さん

"우리는 모두 여러 가지 소중한 것을 계속 잃고 있어.  소중한 기회와 가능성, 돌이킬 수 없는 감정."

 「僕らはみんな、いろんな大事なものをうしないつづける。大事な機会や可能性や、取りかえしのつかない感情。」

"하지만 우리 머릿속에는, 아마 머릿속일 것이라고 생각하는데, 거런 것을 기억으로 남겨두기 위한 작은 방이 있어.  아마 이 도서관의 서가 같은 방일 거야."

 「でも僕らの頭の中には、たぶん頭の中だと思うんだけど、そういうものを記憶としてとどめておくための小さな部屋がある。きっとこの図書館の書架みたいな部屋だろう。」

"언제 그 말을 해줄까 하고 계속 기다리고 있었어."

 カフカ君に「ネクタイが素敵だよ」と言われて微笑む大島さんのラストシーン。爽やか!

 「いつそれを言ってくれるか、ずっと待っていたんだ。」

threeさくらさん

"멀리 보면 그것도 나쁘지는 않을 거야."

 またまた好きな 거야。特にこれは -ㄹ 거야 になっているのですごく好き。

 「長い目で見れば、それもきっと悪くないことだよ。」

"나랑 얘기하고 싶거든 언제든 이리로 전화해도 좋아."

 싶거든 언제든 のリズムがいいですよねぇ。

 「もし私と話しらくなったら、いつでもここに電話をしていいよ。」

four佐伯さん(回想)

"다무라 군, 오래도록 나를 기억해 주면 좋겠어."

 「あなたに私のことを覚えていてほしいの。」

"다무라 군만 나를 기억해 준다면, 다른 모든 사람이 다 나를 잊어도 괜찮아."

 韓国語の中でこの 다 という一音がつくり出すリズムがすごくいい感じだといつも思います。

 「あなたさえ覚えていてくれたら、ほかのすべでの人に忘れられてもかまわない。」

fiveカフカ少年とカラスと呼ばれる少年

나는 옳은 일을 한 것일까?  "너는 옳은 일을 한 거야."

 僕は正しいことをしたんだろうか? 「君は正しいことをしたんだ」

"하지만 나는 아직도 산다는 것의 의미를 모르겠어"

 「でも僕にはまだ生きるということの意味がわからないんだ」

"잠을 자고 다시 눈을 떴을 때, 너는 새로운 세계의 일부가 되어 있을 거야."

 「目が覚めたとき、君は新しい世界の一部になっている」

最後のこの言葉、無条件カッコいいですよね。カフカ少年と一緒に、読んでいる私たちもどこか新しい世界へ導かれていくような気がします。不思議な体験をして、ほんものの世界に戻ってきたという感じ。以前よりタフになって。

昨年5月から始めた『해변의 카프카 』の輪読もこの章で終わりです。1年半、よく続けてこられましたよね、私たち! 

この1年半の間、カフカ君やナカタさんの行動を見守りながら、私の実生活でも本当にいろいろなことが起こりました。祖母が亡くなったり、無謀な水泳大会に出たり。。。カフカ君とは比べものにならないけど、私もずいぶんタフになったような気がしています。

目が覚めたら、新しい世界の一部になっている。

毎日がそんな大変な体験の連続では困りますけど、気がついたら新しい世界にいたというような、何かしら進歩のある日々を送りたいものだと思います。

みなさ~ん、『해변의 카프카』 上下巻それぞれ462ページ読破ですsign01 数年前には考えられなかったことですよね。韓国語の本を読むなんてことはsign02 でもやり遂げましたねconfident

우리 해냈어요sign03

名残惜しいですけれどweep カフカの会はこれにて끝。

みなさん、ありがとうございました。また、次のナニカの会でお会いしましょう ^o^/

|

« 助けられています | トップページ | 행복한 하루 »

カフカの会」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした~。
우리 해냈네요~ㅠㅜ

みんな忙しいながらがんばりましたね。
途中からちゃんと先が気になって楽しんで読書できていたと思うんですけど、テラさん、みなさん、どうでしたか。
私の場合は「海辺のカフカ」を日本語で読んでずいぶんたって、内容を忘れていたのがよかったみたいです。

大人になってゴールがなくて勉強するのってすばらしいことだと思います。
わたしたち、すごく勉強してますよね。
大学に入ってみたら、韓国語の専攻でも小説なんて1冊も読まないまま卒業しちゃう子がほとんどなんですから。
それももったいなくて、私は今韓国語の本を読むサークルを作って、若い子達を捕まえて本をオススメしてます。
卒業しても時間のあるときに韓国語のエッセイや詩集を読めたらステキですよね~。

1年半ありがとうございました~。

投稿: たま | 2010年10月10日 (日) 22時23分

とにかく皆さんについていこう、って。
この作品を読み通したことで、ずいぶん読むスピードも上がり、他の小説を読むにも抵抗が無くなったようです(^^)。そして辞書を引くのが苦にならなくなったのが大きな変化です。
テラさんのお好きな「〜ㄹ 거야」はドラマでもしょっちゅう耳にしますよね。
私は濃音が好き。特に「쓰」の音かな?
皆さん、お疲れさまでした〜。そしてありがとうございました〜。

投稿: ハーちゃん | 2010年10月10日 (日) 22時56分

訂正します。好きなのは「ㅆ」の音全部です。

投稿: ハーちゃん | 2010年10月11日 (月) 09時16分

ついについに、終わりましたね~ヽ(´▽`)/
1年半かかりましたが、
私にとって初めての韓国語で読み終えた本(2冊)
なので感動もひとしおですhappy02
カフカの会に誘ってくださったnikkaさんや
会長(!?)のテラさん、
色んなアドバイスを下さった他の皆さん!
本当にありがとうございました。ぺこり。
こんな機会がなければ
いつか、いつかと思ってやっぱり読破できなかったのではないかと思います

できることなら皆さんと実際お会いして
胴上げしたいくらいです~^^
嬉しいわ~ わ~い!

ノーベル文学賞こそ逃したけれど
じっくり読めば読むほど面白い村上春樹の本を
この素敵なメンバーで輪読(ってゆーんですか?)できたこと自体
とても刺激をもらっていい経験になりました
韓国語の勉強以上のものを得た気がします

もう次は翻訳ものじゃなく
韓国人作家のものも読めるかもしれないなぁ~って
自信にもつながりました
(私、まだ他の読んだことがないのでお勧めとか、、
今後も皆さん助言をよろしくです~happy02
ほんとにありがとうございました^^

投稿: ★honeybee★ | 2010年10月11日 (月) 15時38分

お疲れ様でした。
途中から記事アップも担当させてもらいましたが、そのおかげで私も「やったー」って感じを味あわせていただきました。
これがきっかけになって、ボチボチと韓国語読書を開始しています。これからも続けて生きたいと思ってますw


>「でも僕にはまだ生きるということの意味がわからないんだ」

先日マイケルサンデル教授の「ハーバード白熱教室」を見ていたら、「哲学は避けて通れない」ということを言われていたのですが、最後の章は読んでいて通じるものがあるなーっとおもいました。
 意味が分からなくても生きていくし、生きていけば選択を迫られるし、選択の際哲学的思考に迫られるような感じだった(ハズ)のですが、
 この生きる意味が分からない、このときが哲学的思考をしなければいけないときなのかな…でも、すぐに決めなくてもいいんじゃないか、考え続けるべきなんじゃないか
 そんな意味が詰まっているように最後に思いました。

皆様本当にお疲れ様でした。
ホッとした気持ちと、何かさびしい気持ちです。
こうやってテラさんのブログにご訪問できたことにも感謝です。

投稿: まろ | 2010年10月11日 (月) 16時27分

たまさん、
この本は本当に先が気になって、下巻は一気に読んでしまった感じでした。
けれど、みんなで読んでいることもあって、特に自分の担当の箇所は何度も読みましたね。こんなにじっくり読めたのもカフカの会があったからこそと思います。
思い出に残る一冊になりましたconfident

たまさんみたいにたくさんは読めないのですが、これからも韓国語の本を読み続けていこうと思います。
また何かおすすめがあったら紹介してくださいねwink

投稿: テラ | 2010年10月11日 (月) 23時30分

おんに、
丁寧に読んでらっしゃるなといつも感心していました。
韓国語の響きにも酔いながら、楽しい読書でしたよね。
濃音のㅆは形も可愛いですよね。
私は名前の「つ」は쓰にしています。ニコニコって感じで気に入っていますhappy01

投稿: テラ | 2010年10月11日 (月) 23時37分

★honeybee★さん、
ばんざーい\(^o^)/胴上げ、ビールかけbeer
初めての韓国語の本ならなおさら忘れられない一冊になりますね。

カフカの会のきっかけはエルサレム賞だったのですが、1年半この本を読み続けて、村上春樹さんがますます好きになりました。
カフカを通して、みなさんともより深くお話ができたような気がしています。
韓国語の本を読んでいるお母さん・・・素敵です!

投稿: テラ | 2010年10月11日 (月) 23時46分

まろさん、
私もあのみそじっくすとお知り合いになれてうれしいです。途中まで女性だと思っていましたけどsmile

私は一人でいると哲学するというか、生きる意味とかあれこれ考えるのが好きなんです。
カフカは不思議な物語でしたが、ところどころに村上さんの哲学が埋め込まれていて、心を打たれたり、共感したりしました。
これから生きている間、たぶんずっと哲学して、ずっと韓国語を勉強し続けていくような気がしています。
それが好きなので。
好きなことができる人生ってすばらしいですよねshine

投稿: テラ | 2010年10月11日 (月) 23時55分

この章は、名言というかいいセリフだな~と思うものが多かったのですが、一番好きだったところはココ↓です。

거의 아무런 예고도 없이 한 줄기 눈물이 흘러내린다. …걱정할 것 없다고 나 자신에게 말한다. 단지 한 줄기 눈물일 뿐이다.
ほとんどなんの予告もなく、涙が一筋流れる。(中略)…かまわない、と僕は自分にむかって言う。ただの一筋だ。(原文)

ハードボイルド感がカッコイイですheart01 でも、ここは「걱정할 것 없다」ではないような気もするんですよね。どっちかというと普通に「괜찮다」を使った方がよかったのでは?と思いました。

*みなさま、ほんとうに長い時間、お疲れさまでした。最初はほんの思いつきで、軽い気持ちで始めたのですが、今振り返れば、とても有意義な時間をみなさんと共有できたことが幸せですhappy01 ありがとうございました。ほんと、今すぐ打ち上げでもしたい気分ですねbeer これを機に、みなさんがそれぞれのチャレンジをなさることを期待しています。

投稿: | 2010年10月13日 (水) 21時47分

↑名無し投稿は私、nikkaですwobbly

投稿: nikka | 2010年10月13日 (水) 21時49分

nikkaさん、
そうですよね。この章はとってもカッコよくて、どこを取り上げるか悩みながら何回も読みました。
단지 한 줄기 눈물일 뿐って韓国語のリズムが素敵☆

ここの「かまわない」は訳すのが難しそうですね。괜찮다もいいでしょう。私、最近自分に言い聞かせる言葉なんですけど、괜찮을 거다というのもいいかも。

nikkaさんと始めてみよう!と話したのがそれほど前のことだとは思えないのですが、もう1年半にもなるんですよね。本当に有意義な時間でした。ありがとうございました。副会長さんwink
次の企画を期待しています!
*また新大久保で打ち上げしましょうねbeer

投稿: テラ | 2010年10月14日 (木) 06時49分

全然気にしてないので大丈夫ですよ~
結構女性だと思ってたって言うコメントいただいていますし(苦笑)
実は前田先生にも女性と思われいました(汗)
ですから、お気になさらないでくださーい

投稿: まろ | 2010年10月16日 (土) 00時40分

まろさん、
そうなんだ。。。前田先生にもhappy02
なんだかお会いしたくなってきました。
カフカの会の打ち上げいつかしましょうねsign03

投稿: テラ | 2010年10月16日 (土) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 助けられています | トップページ | 행복한 하루 »