« 해변의 카프카 제40장 | トップページ | 가던 길 »

曇りの朝に

今5時半、小雨が降っているので、ウィーキングに行こうかどうか迷っています。もうすぐやみそうだけど。。。

昨日の朝は、咳が出て4時頃に目が覚めてしまいました。5時前にウォーキングに出発。曇り空。でも、半袖で寒くない季節になりました。

朝日が出る時間になっても、白い雲に覆われた空から光は漏れてこず、近くの山も遠くの山も霞んで見えました。風もなく、田の水は鏡のように空を映していて、空気がぴたっと止まっていて、まるで時間が止まっているかと思うほど。歩いている私のところだけ空気が動いている、そんな感じでした。

歩きながらIRISのOSTを聴いていました。

キム・テウ、ペク・ジヨン、ソ・イニョン、シン・スンフン・・・なかでも、曇り空の雰囲気にぴったりだったのがペク・ジヨンの「忘れないで」

우리 서로 사랑했는데 우리 이제 헤어지네요
같은 하늘 다른 곳에 있어도 부디 나를 잊지 말아요

私たち愛しあっているのに ここで別れるのですね
同じ空の下 違う場所にいても どうか私を忘れないでね

ここのメロディーがとてもよくて。でも、何度もこんな悲しいフレーズをくり返さないで。。。涙が止まらなくなってしまいました。そして、もっと衝撃的だったのが次の歌詞。

그 사람이 바로 나예요

あの人は私なんです。

きゅ~っと胸がしめつけられるような思いがしました。ヒョンジュンをひらすら想い続けるソンヒの姿が浮かびました。

そんなに強く想っている人と別れなければならないとしたら。。。体が割かれるような思いになるのでしょうね。でも、たぶん、悲しみの中に生きながらも、遠く離れた人のしあわせを願い続けるのでしょうね。。。自分よりも大切に思うから、でしょうね。

ペク・ジヨンの声と曇り空のせいで、IRISの世界に・・・それとも、前世にそんな経験をしたのかもしれないと思ったり・・・どこか違う世界に行ってしまったような昨日の朝でした。バカですcoldsweats01 病気です。。。

今晩9時からIRISですね。

|

« 해변의 카프카 제40장 | トップページ | 가던 길 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 해변의 카프카 제40장 | トップページ | 가던 길 »