« 雪 | トップページ | 唐突に »

-고と-아서の違い

one독화살을 맞고 사경을 헤맨다. 毒矢に当たって生死の境をさまよう。

two독화살을 맞아서 죽었다. 毒矢に当たって死ぬ。

日本語で「・・・して」という意味になる連結語尾は、韓国語ではいろいろありますが、中でも-고と-아서の使い分けは難しいbearingですよね。

YK先生は、「永遠のテーマでしょう」といいますが、なんとか理解したいと思うのは人の情。-고と-아서に注意しながらドラマを見ていると、上のoneの文が耳に入ってきました。맞아서ではなく、맞고なんだ・・・と、辞書を引いてみると、twoのような例文が載っていました。

맞아서と맞고の違いは何?日本語だとどちらも「当たって」です。

文法書では、-고の一つの用法として次のようなものがあります。

시간적으로 선행하는 동작이 성행절이 되고 나중에 일어난 동작이 후행절이 되는 경우
時間的に先行する動作が先行節になり、後に起こる動作が後行節になる場合

これとよく似ているのが、-아서の次の用法です。

선행절이 후행질의 조건이 뒤면서 시간적인 순서를 나타내는 경우
先行節が後行節の条件になるとともに、時間的な順序を表す場合

どちらも時間的な順序を表すのですが、-아서の方は、前後の動作が密接に関係していて、前に起こったことが起きなければ後のことが起きない、つまり条件や原因になるという違いがあるようです。

では、どのように使い分けるか・・・それが問題なんですよね~意外とどちらか判断しにくいのです。

上のonetwoの文についてのYK先生の見解は、自分ならoneの方が自然に聞こえるけど、どちらも間違っていないし、oneを-아서にして、twoを-고にしてもOKということ。

微妙な違いは、-고は単に起こった順序を表していて、-아서の方が原因という意味合いが強いように聞こえるということです。「当たったので」という意味が含まれているということですね。文法書の解説どおりです。

なんか不自然、어색하다~と感じるまでには、もっといろいろな文に当たっていかなければならないようです。

YK先生曰く、「わからないことがあってもいいじゃないですかぁ」

そうですね。すべてわかるなんてことはあり得ないのですからwink

韓国語学習、気楽に、気長に、その日の気分で。。。

|

« 雪 | トップページ | 唐突に »

「韓国語」カテゴリの記事

コメント

これは本当に永遠のテーマでしょうね~。
ここに으니까まで加わるとさらに複雑に・・・bearing
この手の話をついこの週末にネイティブ先生と話してて~
「100%は無理ですけど、みなこシなりの規則を見つけて8割がたあってればそれでいいんじゃないです?^^」って言われたところでした!
それで間違えたらどんな風に聞こえるの?って聞いたのですよね。
そしたら「かわいいから→かわいいだから」くらいなもんだと。
通じるし、そのくらいのミスがある方がそれこそカワイイとsmile
でも探求はし続けますよ~dash

投稿: narinya | 2010年2月 3日 (水) 19時28分

韓訳でいつも迷うところですね、これは。先輩方もそうならば一安心。「わからないことがあってもいい」。素敵なお言葉〜。
ところで東京は今また雪が降っています。節分のころはホントに雪が降ることが多いですけど、今年もなんですね。う・れ・し・い〜。

投稿: ハーちゃん | 2010年2月 3日 (水) 21時06分

narinyaさん、
探究心と向上心はいつまでも持ち続けたいですよね。
その上で、かわいく、おもしろく生きようってことかな~
私は完ぺきですという雰囲気を醸し出している人より、ちょっと間が抜けている人の方が親しみやすいですもんね。
失礼なことを言わない限りは、許されますよねwink

投稿: テラ | 2010年2月 4日 (木) 14時53分

おんに、
節分の頃は最後の寒波という感じですよね。
これからだんだん春めいてきて、脳も体も弛緩する季節です。
今日は青天ですsun屋根に積もった雪が時々どーんと音を立てて落ちるんですよ。ネコもびっくり!
韓訳でいつも迷うこともあり、未だに知らない日本語もあり、永遠に勉強は続きますね~

投稿: テラ | 2010年2月 4日 (木) 14時57分

質問~!
韓国人は他人が使った「-고」「-아서」に対して「なんか不自然だ」とか思うようなことってないのかな~?wink

ちょっと思ったのは、非常に感覚的なんですが、「-고」より「-아서」のほうが前後文の間隔が短い感じがします。
①は「生死の境をさまよった」理由(原因)として「毒矢に当たった」というのが少なからずあるのですが、「毒矢に当たった時」と「生死の境をさまよった時」がちょっと時間に差がある感じがします。
②は「毒矢に当たった」→(すぐさま)「死んだ」、みたいな感じ。

今日見た文章で、
「밥 먹고 와요,아니면 집에 와서 먹어요?(食事を済ませてきますか、それとも家に帰って食べますか?)」というのがあったのですが、
これも「먹고」の一文は「食べて→そのあと歯を磨くとか、お茶を飲むとかして→来る」って感じで、「와서」の一文は「家に帰る→食べる(食べるために家に帰る)」って感じ。

>正攻法で考えてもわからなくなっちゃうから、感覚に頼るようになってしまった(最近)shock

投稿: nikka | 2010年2月11日 (木) 23時57分

nikkaさん、
먹고 와요と와서 먹어요の違いはわかりやすい方だと思うのです。前者は先行の動作が完了していて、後者は先行の動作が継続していないと後行の動作があり得ないということですよね。
この場合は、-고と-아서を置き換えると意味が変わってしまいます。というか、変な文になりますよね。먹어 와요と오고 먹어요だと。この辺りまでは、私たちでもおかしいなと気づきますよね。

독화살을 맞고に時間差があると感じられるのは、たぶん動作が完了しているということですよね。
독화살을 맞아서に時間がないと感じるのは、継続だと説明できそうです。
でも、この場合、置き換えてもOKだけど、微妙にニュアンスが違うというところが問題。そのニュアンスの違いとか何か変という感覚は、本当に感覚的なもので、理屈ではないらしいのです。場合によるとか、読解の仕方によるとか、たぶん韓国人同士でも違和感があるないが出てくるのかもしれません。

永遠のテーマらしいので、永遠に探していこうと思っています。nikkaさんもご一緒にいかが?

投稿: テラ | 2010年2月12日 (金) 10時19分

私も日本人だから?nikkaさんと同じように「-고」より「-아서」の方が時間の経過が短い感じがするのですが、それを韓国人に言ったら、彼らは反対に「-고」の方がすぐに次の動作がくる感じがすると言うのです。
別の場面で2人にそう言われて・・・迷宮入りの謎になりました。
nikkaさんもテラさんも機会があったらネイティブに聞いてみてください~。

とにかく「-아서」は理由ですよ!^^って言いくるめられることが多くて。
結局それがネイティブの感覚なんでしょう~。

예쁘게 화장을 해서 데이트했다.は「-하고」だと注意されてからこれが私のバロメータです。
デートするためにかわいくお化粧したのはそうなんだけど、かわいくお化粧したからデートしたわけではないので、やっぱり 「-아서」では不自然なのですよね?
「-아서」の一連の動作と見るには、ふたつの動作に開きがありすぎますものね?だから「-하고」の継続と考えられるという・・・
こんな感覚ですがいいのでしょうか~。
皆さんの日本人ならではの感覚を集めてみてもパターンが見えてくるかもしれませんねぇ^^

投稿: narinya | 2010年2月12日 (金) 19時46分

narinyaさん、
そう!日本人の感覚からどう考えればいいかというとことが、みんな知りたいのだと思うのですよ。
今、お2人の例文を見ながら、後に続く動作の方にカギがあるように思えてきました。

예쁘게 화장을 해서 데이트했다は、確かに日本人だとこう書きたくなりますよね。
しかし、後に続く動作をnikkaさんの例文と混ぜて、예쁘게 화장을 해서 와요にすると違和感がありませんか?
밥 먹고 와요と同じように、ご飯を食べるとか化粧するという動作は来る前に完全に終わっているので、예쁘게 화장을 해고 와요が自然に聞こえますよね。
あとに続く動作によって、わかりやすいのとわかりにくいのがあるように思うのです。

-고は一つ一つの動作の連続。
-아서は理由、条件。
と一応考えながら、理由と条件になっているかが瞬時に判断できればいいのかもしれません。

今持っている疑問。
뚜껑을 비틀어 열고 컵에 따라 마신다
커튼을 열어 하늘을 봐
上の文は「開ける」という動作が完了していて、下の文は「開ける」という動作が条件になっている?と解釈しているのですが。。。
火曜日にYK先生に聞いてみる予定です。

投稿: テラ | 2010年2月13日 (土) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪 | トップページ | 唐突に »