« 酸性雨 산성비 | トップページ | 動物の鳴き声 »

自動詞の만나다

昨日の午前中、酸性雨について調べていたところ、화학 물질이 비와 만나면서...... という表現に出会いました。

만나다 は「会う」という意味なので、「化学物質と雨が会いながら」となって、日本語らしく訳すと「接触しながら」がいいかなと思いました。

夕方、tv『大王世宗』を見ていたところ、またこの만나다に出会ったのです。縁があるな。。。

화약은 공기와 만나 타는 면적이 넓어져......

「火薬は空気と接して燃える面積が増え」というセリフ。今、世宗大王は女真族と戦うために新しい武器を開発しているのですよ。

そして、書き取りながら気づいたのですが、普通、誰かと会うというときは・・・를 만나다 といいますよね。를 は要注意!と習いますよね。しかし、この場合は・・・와 만나다 というみたいなのですよ!発見でしたflair

韓国の国語辞典によると、自動詞の만나다は、선・강・길 다위가 서로 엇갈리거나 맞닿다 という意味で、次のような例文が載っていました。

두 직선이 만나는 점 2つの直線が交わる点

여러 내가 만나 강을 이룬다 いくつかの流れが合わさって川ができる

ear耳を傾けて聞いてみると、今まで気づかなかった言葉に出会えるようですね。言葉はずっとそこにあったのに。私が気づかなかっただけのことで。

今日はどんな出会いがあるでしょうか。。。

|

« 酸性雨 산성비 | トップページ | 動物の鳴き声 »

「韓国語」カテゴリの記事

コメント

うーむ。를、을と와、과の使い方になにか規則みたいなものがあるのかしら?
人には를、을を使うのかな、と思いましたけどそうではないし...。
ところで、長野にもいよいよ雪の季節到来ですか? 今週の半ばから全国的に寒くなりそうだとのこと。ちーたろうさんの福岡にも連日雪マークが!

投稿: ハーちゃん | 2009年12月13日 (日) 19時37分

おんに、
寒くなってきましたね~そろそろ初雪が降ってもいいと思いますが***

「…と」が를、을になるのは他動詞、와、과になるのは自動詞と分類されているようですよ!
化学変化みたいなときに自動詞の만나다を使うということは、やはり主語が無生物だからでしょうか。

投稿: テラ | 2009年12月14日 (月) 10時09分

あ、なるほど。自動詞、他動詞で考えるとわかりやすいです。ありがとうございます。
毎日ソウルの天気予報を見ているのですが、−11度なんてのを見ると、この季節には旅行できないなぁ、って思います。若い人なら大丈夫かな(^^;)。

投稿: ハーちゃん | 2009年12月14日 (月) 17時44分

おんに、寒くなってきましたね~
今朝はこちらも氷点下で、山から舞ってきた雪がうっすらと積もっています。
寒いところは寒いときに行くのが一番!信州も冬の旅がおすすめです。
だから、ソウルもこの季節に一度いかがですか?

投稿: テラ | 2009年12月15日 (火) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酸性雨 산성비 | トップページ | 動物の鳴き声 »