« 人間ドック | トップページ | 해변의 카프카 제16장 »

早起きしてみようか

韓国の現代グループ 현대그룹 の創始者、鄭周永 정주영 元会長について調べるという韓国語教室の宿題をしていたところ、鄭元会長が残されたすばらしい言葉をたくさんみつけました。

その中で一番いい言葉だと思ったのは、次の文です。

내가 평생 동안 새벽 일찍 일어나는 것은 그날 할 일이 즐거워서 기대와 흥분으로 마음이 설레기 때문이다.  아침에 일어날 때 기분은 소학교 때 소풍가는 날 아침, 가슴이 설레는 것과 똑같다.

わたしが一生の間、明け方早くに起きていたのは、その日にすることが楽しくて、期待と興奮で心がうきうきしていたからだ。朝起きるときの気分は、小学校のときの遠足に行く朝の、胸がわくわくする気分とまったく同じなのだ。

自叙伝も2冊出されているということなので、その中に入っているかと思われますが、貧しい農家の少年が会社を興し、現代グループという韓国一の会社をつくりあげた方ですから、逸話も多いし、実にたくさんの言葉を残されているようです。

大人物はやっぱり早起きなのだな。。。朝寝坊で大きなことを成し遂げた人って、たぶんいないですよね。

毎朝目が覚めるとうきうきしているって感覚、普段は全然ないですもの。もっと寝たい・・・がほとんど。うきうきするのは、韓国旅行に行く朝くらいでしょうね。それも、明け方の出発だったりすると、あぁどうしてこんなに早く起きなきゃダメなの・・・なんて文句を言いながらですから。

私も生涯一度だけ夜明け前に起きていたことがありました。公務員の生活から抜け出そうとして大学入試の勉強をしていたときのこと。今まで生きていた中で一番の挫折を感じたときで、周囲からも孤立していて、その時は本当に大変でした。

でも、今思うと、ものすごく充実していたし、力がみなぎっていたときだったのだと思います。しかし、それも2年くらいで終ってしまいました。

何かを成し遂げられる人って、ずっとそういう力を出し続けられる人なのでしょうね。目標に向かって一心不乱に。

あの世に行けばずっと眠っていられるのだから、この世にいるうちは、起きて頑張ろうsign01かな?なんて思ったりしています。

さっきの言葉のつづきです。

또 밤에는 항상 숙면할 준지를 갖추고 잠자리에 든다.  날이 밝을 때 일을 즐겁고 힘차게 해치워야겠다는 생각 때문이다.  내가 행복함을 느끼면서 살 수 있는 것은 이 세상을 아름답고 밝게, 희망적으로, 긍정적으로 보기 때문에 가능한 것이다.

また、夜はいつも熟睡する準備をして布団に入る。夜が明けたときに、仕事を楽しく力いっぱいしなければと思うからだ。わたしがしあわせを感じながら生きられるのは、この世を美しく明るく、希望的に、肯定的に見ているからできることなのだ。

ネコ型の生活を変えてみようか・・・青空の美しさに感動したり、人の優しさに感激したりしながら。。。

|

« 人間ドック | トップページ | 해변의 카프카 제16장 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

現代の社長さんって一代であれだけの会社を作られたのですね
すごいなぁ・・・

大王世宗 いいですね
主役の人の顔がすきです

こないだポジャギのことを調べてたらイサンのおじいちゃんの王様がポジャギを文化工芸として奨励したようなことを文章で読みました。間違ってたらごめんなさい

最近外人がよく来る温泉旅館のフロントのバイトを始めました
ヨーロッパと韓国の方が多くいらっしゃいますので知ってる限りの英語とハングルを駆使して楽しんでます
やっぱり言葉の学習には実践が一番身につきますね

もうすぐ韓国へ行ってまいります
仁寺洞で布を買うつもりですが帰る日の早朝だったら
市場までいけそうなので早起きして行ってみたいと思っています

投稿: けんちゃな | 2009年10月18日 (日) 12時58分

けんちゃなさん、
フロントの仕事いいですね~覚えたことすぐに活用できますね。
私は今、通訳ガイドの2次試験の勉強をしているのですが、日本を訪れた外国人にどういうふうに日本を紹介するかというのが課題です。
日本のことって意外と知らないんですよね。

イサンのおじいさんのことは知りませんでした。今のドラマを見る限り、暴君という感じがしますけど。。。

世宗大王のキム・サンギョンは今まであまり好きな俳優ではなかったのですが、役のせいでしょうか、ものすごくいい男に見えてきました。
韓国ドラマって役者のいいところを引き出しますよね。セリフもすごく感動的だし。

韓国旅行、思いっきり楽しんできてくださいね~heart04

投稿: テラ | 2009年10月19日 (月) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間ドック | トップページ | 해변의 카프카 제16장 »