« 釜山の方言 | トップページ | 葉書が届く »

花粉症がやってきた>_<

長野県では3月6日からスギ花粉が飛び始めたそうです。東京なんかに比べると遅いですよね。

私は十数年の花粉症歴があります。スギ花粉の頃は鼻がむずむずして目がかゆくなり、ヒノキ花粉の頃は鼻がつまって就寝中死にそうになりますshock

今年は、先週辺りから花粉に反応し始め、今日はやや熱っぽい感じです。

今年の対策法・・・ずばり精神療法!
「花粉はお友だち、吸い込んでも全然平気だよ~。アレルギー反応はやめようね。敵じゃないんだから・・・」と自分に言い聞かすのです。

昨日はうららかな春の青天(花粉症の人にとっては、花粉が充満しているとしか感じられず外には出たくない天気)の中、夫と1時間半ウォーキングしました。もちろん、マスクなどかけません。歩きながら、埃っぽい(たぶん花粉がいっぱいの)空気を思いっきり吸い込みました。

体温が上がってくると、体が反応を始めます。目がかゆくなり出して・・・

でも、呪文のように「花粉はお友だち、花粉はお友だち」と唱えると、かゆみを感じなくなりました。気のせいだと思いますが。

家に帰ってから、普通の花粉症用の目薬を点しました。すっごくよく効くZ社の目薬を点さないで済むか・・・それが今年のテーマ。結果は後日ご報告します。

p.s.ウォーキングは先週から始めたのですが、JR飯田線というローカル線の線路沿いに歩いています。先週は北殿駅から伊那松島駅まで。昨日は伊那松島駅から沢駅まで。ローカルすぎて何の話か?!ですよねcoldsweats01

train飯田線は長野県の辰野駅から愛知県の豊橋駅までの195.8km。各駅停車で6時間かかります。春、桜の咲く頃にコトコトと飯田線の各停で行く旅、おすすめです。

|

« 釜山の方言 | トップページ | 葉書が届く »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テラさん、안녕하새요〜。
私も右目だけ花粉症なんです。今もクルマでイトーヨーカドーまで行ってきたらもうなんかイヤな感じです。
精神療法で治るかな。治ると信じないとダメなんですね。
飯田線(言い出せん、っていう変換になりました!)は千畳敷に行った時に乗っただけかしら? なかなか乗る機会の無い路線ですよね。地図で見たら、天竜川に沿っているんですね。

投稿: ハーちゃん | 2008年3月17日 (月) 18時07分

こんばんは。

ズバリ!韓国療法なんていかが!?
日本で花粉症を発症して、韓国に転勤したら、
ア~ラ不思議。
花粉症のない韓国では、症状が治まり、
日本に帰ってきても、発症していません。
花粉症の薬が高いこともありますしね~。
(ってことは、多分に精神療法が入っているかもしれません...)

投稿: muramura | 2008年3月17日 (月) 20時00分

韓国療法はいつでもOKです。私は!
でも違う意味で病状悪化の可能性が~(笑)。
精神療法はきつそうですが私も似たようなことしてます。
春になる前には、花粉症にかかってない人のフリをします。
自分にも「花粉?何のこと?」って感じでシラを切ります。
もしかしたら今までのことは気のせいだったという春になるかも!
と思って。でも今年は(も)効き目はありませんでしたが・・・。

投稿: narinya | 2008年3月18日 (火) 10時47分

ハーちゃんオンニ、「言い出せん」とは・・・受けるっhappy02
飯田線は結構不便なので、私もほとんど乗りません。駅まで徒歩小1時間かかるし。

片目だけ花粉症とは不思議ですね。
関東地方は恐ろしくスギ花粉が多いでしょう。よっぽど鍛錬しないと、精神療法は効かないかもしれませんよ~coldsweats01

投稿: テラ | 2008年3月18日 (火) 11時52分

muramuraさん、それ、本当の話ですかsign02
花粉症学会とかに報告しなくていいの?
韓国赴任は2年くらいでしたよね。
私も2年くらい住んでみたいーsign03
あれ?でも・・・ということは、日本からスギを失くせば、春のこの憂鬱はなくなるということですね。

投稿: テラ | 2008年3月18日 (火) 11時57分

narinyaさん、一緒に韓国療法しましょうかsign01
私も別の病気が悪化しそうsmile
2年前くらいだったか、精神療法を試したんですよ。そしたら本当にその年は症状が現れなくて。
でも、その年は花粉が少なくて周りの人もみんなそうだったって。
だから、人の治療を考えるよりも、スギ対策を優先させるべきだと思うのですが・・・。最近の里山ブームに乗って、スギから広葉樹にmapleってわけに行かないですかね。

投稿: テラ | 2008年3月18日 (火) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釜山の方言 | トップページ | 葉書が届く »