« アンコールワットの旅(7)水上生活 | トップページ | 氷点下10℃ »

アンコールワットの旅(最終回)

旅の最後のお楽しみ、シェムリアップの市街にあるオールドマーケットに買い物に行きました。

Market マーケットの前には客待ちのバイクタクシーが並んでいます。「乗らな~い?」と若いお兄ちゃんが声をかけてきました。人の声が聞こえる街っていいものですね。

Market2マーケットの半分は生鮮食品と日用品売り場、半分はお土産屋さんです。

Market3 色鮮やかなフルーツ!おいしそうdelicious
味は・・・品種改良もしていないようで、自然な味でした。

Market4 暗くて見えませんが、肉屋さんです。においも強烈。
普通の家庭にはまだ冷蔵庫がないので、主婦はほぼ毎日買い物に行くそうです。

Market5 カンボジアシルクでつくられたバッグを売る店。製品の質もピンきりですが、値段もいろいろ、交渉次第といったところです。店員さんは日本語が上手。あまり値切ると「あかじ」といわれます^^

Market6 乾物や香辛料を売る店。ここで、ヤシの砂糖と胡椒を買いました。カンボジアの胡椒は質がいいそうですよ。

Mr 5日間、4人の日本のオバサンを案内してくれたガイドのお兄ちゃん。ありがとうございましたconfident
日本語がチョー上手だし、ユーモアのセンスも抜群でした。カンボジアはいい国だなぁと思った理由の半分は、このガイドさんの誠実な人柄のためだったかもしれません。
大多数がお見合い結婚のカンボジアでは、お金がない男性は結婚できないんだと言っていました。ガイドの仕事で稼いで、若くてきれいなお嫁さんをもらってくださいね!

Beer←毎晩飲んでいたアンコールビール。苦味が少なくマイルドです。

5日間の旅行ですっかりカンボジアファンになりました。また行きたいなぁ・・・。
シェムリアップの町、できればあまり発展せずにそのままの素朴な町であってほしいなと思います。
カンボジアに乾杯beer

おわり

|

« アンコールワットの旅(7)水上生活 | トップページ | 氷点下10℃ »

カンボジア旅行」カテゴリの記事

コメント

その旅がよかったかどうかっていうのは、
旅先で出会った人に大きく影響を受けますよね。
連日雨で散々だったとしても、
そこで出会った人との交流とか、
そういったささいなことで、旅の思い出ができますよね。
楽しい旅だったようで、よかったですね^^

投稿: nikka | 2008年2月24日 (日) 01時11分

こんにちは。

悠久の遺跡もいいですが、
やっぱり人が住み暮らしているところ(市場)が
いちばんいいですね~。
被写体の自然な笑顔(ちょっとハニカミ)と、
伝わってくる空気感、時間感覚...
旅をしたい気分にさせられました。
今度はどこに行かれるのでしょう!?
ひょっとして、どんどんマニアックな地域へ???

投稿: muramura | 2008年2月24日 (日) 15時25分

ホント、市場って一番興味がありますね。ここは半分がお土産屋さん、ってことは、観光客がそれだけ多い、ってことなんですね。
以前行ったモルディブの市場より大きくてキレイ。リンゴも見えますけど、輸入品ですかね。

投稿: ハーちゃん | 2008年2月24日 (日) 16時19分

バイクタクシー乗りましたか?
以前フィリピンで乗ったトライシクルというのに
似てる~。それは人力でしたけど。
市場はテンションあがりますよね。観光地もいいけど
やっぱり市場やスーパーは外せません!
ガイドさんっていい人だとずーっと覚えてるものです。
私もいいガイドさんにいっぱい会えてきたことに
感謝です。次はどこへ行かれるのかしら?
オモーっていうところかなぁ。楽しみです。

投稿: narinya | 2008年2月24日 (日) 16時33分

nikkaさん、やはり旅というものは、人に出会うことなのだなぁと思いました。風土や文化は違っても、感情や人として大事だと思うことは共通なのだなぁと。
逆に、日本に来た外国人に接するときは、日本を代表しているのだという気持ちにならないといけないですね^^

投稿: テラ | 2008年2月25日 (月) 09時28分

muramuraさん、私も人の生活感があるところの方が好きです。市場とかに行くと、断然、外国に来たー!という感じがして楽しくなるんですよね。
値段を交渉しながら買い物するのも楽しいし。
次回もそういうことが楽しめる、素朴なところに行きたいですsign01
一緒に行ったおばさん、次はパラオですって。

投稿: テラ | 2008年2月25日 (月) 09時35分

ハーちゃんオンニ、市場は楽しいですよねnote
このマーケットは観光コースに入っているようです。街中には、ここよりもっと大きいマーケットがありました。そこは本当に庶民の台所という感じでした。行けなくて残念でしたけど。
appleカンボジアでは採れそうにないですね。どこから来たリンゴだったのでしょうか!?

投稿: テラ | 2008年2月25日 (月) 09時41分

narinyaさんも市場派ですね!
やっぱりいいですよね~あの雰囲気。日本にない布を見るとつい足が止まって・・・帰りのカバンは布製品でいっぱいになりました。
ガイドさんもそうですが、たくさんあるお店の中でふと立ち寄ってみたお店の人、すべては縁があって出会った人なのだという気がしました。
次もそういう出会いを期待して・・・どこへairplane

投稿: テラ | 2008年2月25日 (月) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンコールワットの旅(7)水上生活 | トップページ | 氷点下10℃ »