« JAでスンフンの歌が・・・ | トップページ | 어린 담덕 »

태사기2

昨日放送された『太王四神記 대왕사신기』第2話、映像もきれいで、子役がそれぞれ個性的でかわいくて(特にタムドク役の男の子*^^*)、とてもよかったですね。

小説『대왕사신기』を読んで予習、というか、読みながら自分の頭の中で場面を想像しています。昨日の話では、想像していたとおりの映像が次々に現れてくるので、一人感動していました。

でも、ドラマは場面が次々に変わるので、ついて行くのが大変じゃなかったですか・・・年寄りの感想?^^;

昨日は、チュシンの星が輝いて、王の誕生を知らせ、同時に四神の神器が眠りから目覚めるというお話でした。

クリスマスシーズンということもあって、チュシンの星を追う人々の集団は、イエスの誕生の地へ向かう博士や羊飼いの集団に重なって見えませんでしたか?

それと、各地に散らばった四神の宝を探すというお話は、里見八犬伝を連想させました。

まさに、歴史ファンタジーという感じ!

次回が楽しみです。さっそく、読書で予習も開始p^^q

대왕사신기

|

« JAでスンフンの歌が・・・ | トップページ | 어린 담덕 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今、録画しておいたのを急いで見ました。
初回よりずっとわかりやすく面白く見られました。
ホント、子役がみな可愛いなぁ。韓国の子役ってなぜか良いですねぇ。
この作品に関しては、原作とドラマの脚本の間に違和感が無いですか?

投稿: ハーちゃん | 2007年12月11日 (火) 20時41分

こちら韓国では、先週水曜日が最終回でした。
木曜日は、スペシャル版。
でも、理解力がついていかなくて、、、
かなり消化不良気味です...
NHKで年始に1~5話を一挙放送するそうなので、
録画して字幕で確認してみます。

投稿: muramura | 2007年12月12日 (水) 09時34分

ハーちゃんさんの感想が聞きたかったんですよぉ。
第1話よりCGが少なくて、内容もよかったですよね。

小説はドラマと基本的には同じ話なので違和感がありません。忠実なノベライズではなく、活字の媒体として独立した話になっています。
ドラマでは映像で表現されているものが、小説では文字になっているので(当たり前ですが)、予習しておくと注釈付きでドラマを見ているような感じになります。
神話や歴史はほとんど知らないので勉強になります^^v

投稿: テラ | 2007年12月12日 (水) 11時10分

muramuraさんの実力でも、字幕なしでは難しかったですか・・・場面展開も速いし、登場人物も多いですものね。それに固有名詞は音だけでは覚えにくいですよね。

最終回はちょっと拍子抜け・・・という話を聞きましたけど?2人死ぬとか・・・。

投稿: テラ | 2007年12月12日 (水) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JAでスンフンの歌が・・・ | トップページ | 어린 담덕 »