« ホジュンとうとう最終回 | トップページ | 韓国語能力試験願書入手 »

変わっていく中央線

10年前、数年間の田舎暮らしを一時中断して東京に戻ったとき、東京駅の中央線ホームがやたらと高いところになっているのに驚きました。

それに、各駅では自動改札が導入され、カードですいっと乗れるようになっていました。

一昨日、用事があって東京の実家に戻ったのですが、中央線が三鷹~国分寺間で行われる高架工事のため、夕方から間引き運転、夜中は不通になるという情報。

友だちと吉祥寺で約束があったので、間引き運転の前に急いで上り電車に乗りました。

とうとう高架が完成したのか・・・これで、地上を走る中央線に乗るのは最後なんだなぁ・・・開かずの踏み切りもなくなるのか・・・と、車内で一人感慨にひたっていました。

三鷹~国分寺間は、通勤・通学で何千回と電車で往復したところ。
いろいろな思い出がつまっています。

翌日の日曜日は、武蔵境駅から電車に乗るために、駅に向かいました。

武蔵境駅の近くには親戚がいて、その家のあばあさんが、ずっと昔、駅のすぐ東にある踏み切りの番をしていたという話でした。それで、その家は「踏み切りの家」と呼ばれていたのですが。

高架になれば、踏み切りもなくなるんだなぁ・・・踏み切りの家のおばあさんも、あの世から中央線の変わりようを見ているのだなぁ・・・と思いながら、踏切を渡りました。写真を撮っているおじさんもいました。

すると、カンカンカンという踏み切りの警報機の音が・・・

あれ?高架になったんじゃないの?

おかしいな?と思いながら、見ていると、東京方面へ、銀色にオレンジの線が入った新型車両が通過していきました。

高架になったのは、下り線だけだったのです。

まだ駅も工事中。複雑な通路を通って、この日から使われるようになった新しい下りホームに行ってみました。

全部新品です。またまたカメラを持った男性が、ホームの端っこで写真を撮っていました。

下り電車に乗りました。武蔵境駅から、東小金井駅、武蔵小金井駅までが高架で新しくなっていました。

高架から見下ろす風景は、知っているような知らないような不思議な世界。晴れていれば富士山もよく見えそうです。

高架は、国分寺駅の手前の東経大の辺りからゆっくり降下して、元の線路につながっていました。

歴史的な1日に中央線に乗ることができてラッキーでした。そのうち、電車が地上を走っていたことも、開かずの踏切があったことも忘れられてしまうのでしょうね。

|

« ホジュンとうとう最終回 | トップページ | 韓国語能力試験願書入手 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホジュンとうとう最終回 | トップページ | 韓国語能力試験願書入手 »