« 初めてジムに行く | トップページ | ホジュンとうとう最終回 »

ハングルで頭が筋肉痛に!

筋トレの筋肉痛が治ってきたと思ったら、今日は朝から頭痛です。頭痛薬を飲みました。

昨日、暑いのに畑仕事したせいか・・・いや、家庭教師の予習で「カエルの発生」なんかを勉強したせいか・・・

いいえ、たぶん、ハングルのせいでしょう。

今読んでいる「우리들의 행복한 시간(私たちの幸せな時間)」がおもしろくなってきて、仕事の合間、家事の合間、というか仕事も家事もサボり気味で、そして夜もテレビを見ずに、ひらすらハングルの文字を追っているからでしょう。

しかも音読です。
注)この本には、音読するには恥ずかしい言葉が所々に出てくるのですが、意味を調べるまでは、恥ずかしいことに気づかないのです。誰も聞いてないからいいようなものの^^; 

正直、「朱蒙」よりもおもしろく、「朱蒙」は13話目で中断しています。

夜はいよいよ眠くなるまで「幸せな時間」を読んで、寝床に入ってからは、もうダメ眠いーというまで「モモ」を読んでいます。

すると・・・眠りに入っていく頃、頭の中ではハングルがぐるぐる@@

意味のある文字列がぐるぐる鳴り響いて、やがて意味のない文字列に変わって、次第に記憶がなくなっていく・・・そして、たまにハングルの夢をみます。

そんなせいか、今朝は起きると頭がガンガン。
きっと頭の筋肉痛なのだと思います^^;

ラベンダーでも摘んで、鎮静させましょう^^

Lavender

※「私たちの幸せな時間」190ページまで読みましたが、まだ2人は直接会話を交わしていません。残り115ページです。

|

« 初めてジムに行く | トップページ | ホジュンとうとう最終回 »

「韓国語」カテゴリの記事

コメント

『우리들의 행복한 시간』、音読していらっしゃるんですね。この作品を丁寧に味わいたい、というテラさんのお気持ちが伝わってくるようです。作品に引き込まれて夢中で読み進んでしまう、というの、わかるような気がします。わたしも、読み始めたらついつい夜更かしして一気に100ページ読んでしまった夜もありました。この作品は毎晩小説を開くのが楽しみで4日で読み終えました。
映画のほうは訪韓した際に買って来たVCDで見ました。基本的に映画と小説は別の作品であると思うしかないのでしょうが、ブルーノートの部分が映画では効果的に描けていなかったように思います。小説を先に読んでおいて正解でした。映画を先に見たら、読む楽しみが半減したかも。あまり詳しく書くとネタばれになりそうなので、このくらいにしておきますね。

『韓国語通信』2号はサイトのほうで、ちらっと見せてもらいました。機会があれば、実物も手にとってみますね。ところで、この中の韓国語能力試験の特集のほうで、シン・スンフンと원숭이でピ~ンと来てしまいました。^^(勝手な勘違いだったらごめんなさい)高級合格者の方々が、楽しく、かつ真剣に韓国語に取り組んでおられる様子が伝わってきました。わたしも学習意欲にあふれていたいたころの遠い昔の自分を思い出して、がんばらなくちゃと思いました。韓国語、年数だけは長くやってますんで、とりあえず検定関係は一通り卒業したものの、語学は当然それで終わりなんてことはなく、その後も語学の深みにおぼれそうになりながら、細々と続けています。2度目の投稿も長々と失礼しました。

投稿: 松葉 | 2007年6月28日 (木) 22時57分

 うわぁ!本当に速いです!!でも、音読はモモのほうが良いのでは?(爆)。
 引きこまれますよね、この作品。私なんぞ1ページに30も知らない単語があり、いくらも理解できていないはずなんですが、他の本に逃げることもできなくなりました。カタコト外国人の心まで捉える作家って、やはり文章にそれだけパワーがあるてことなんでしょうね。もどかしいですが、カメのように読みます^^;
 それにしても、そんなに読んでもまだ出会わないのですか?!
 「映画公開前にせめて出会まで読む」の夢も消えたようです--;

投稿: あさひ | 2007年6月29日 (金) 05時16分

夢までハングルなんですか!すごい!
あーでもずーっと夢を見ていた朝って脳が疲れているのか重いですよね。
お大事になさってくださいね!
いつか私も「本」が読めるようになるでしょうか。
『우리들의 행복한 시간』、良い作品のようですね♪
(韓国語の小説はどちらで手に入れてらっしゃるのですか?)

投稿: ちーたろう | 2007年6月29日 (金) 08時22分

松葉さん、2度目の投稿ありがとうございます^^
たくさんお話が聞けて感激です。松葉さんは語学どのように続けていらっしゃるのですか?何かお仕事を?韓国語も先輩ですが、この世の年齢的にも언니でしょうか?

この小説はブルーノートが挟まっていて、その部分に来ると、さーっと場面が回想的になるところがいいですよね。でも、あまりに悲しくて、読んでいて涙声になるところがあります。
映画は見に行けるかどうか微妙です。近所で上映されればいいのですが・・・。

『韓国語通信』に出ていたの、恥ずかしながら私です。ミーハーな内容で・・・せめて写真はやめておけばよかったと後悔しています。そろそろ韓国語能力試験の準備をという時期になりましが、今年も6級はどうかな・・・という感じです。なかなか思うように進みませんね^^;

投稿: テラ | 2007年6月29日 (金) 10時46分

あさひさん、あの後すぐ193ページで対面しました。それまでの部分は、この面会での会話への導入だったのか・・・という感じでした。
近年日本の小説など読んだ記憶のない私ですが、なぜこの本にこれほど惹かれるのか不思議です。
韓国語と日本語の近さにも驚かされています。文字と発音が違うだけで、思考方式は同じなんじゃないかと。

あっ、『モモ』は意外と難しいんですよ^^
語彙はそれほど多くないのですが、場面を想像する力が必要です。音読には向いているかもね!

投稿: テラ | 2007年6月29日 (金) 10時56分

ちーたろうさん、ありがとうございます^^ 
頭痛は薬で抑えました^^v

この本はネットで買いました。http://www.innolife.net
1冊ずつ送料込みなので割高かも。
白状しちゃいますけど、韓国語の小説はこれが2冊目。こんな読書量で6級をめざしているなんて、笑われちゃいますよね^^;
いきなり小説を読むとたぶん苦痛なので、児童向けの本から読んでみることをおすすめしま~す!

投稿: テラ | 2007年6月29日 (金) 11時07分

「モモ」は「子供の想像力を鍛える」ということで学校推薦図書でした^^ 大人の想像力も鍛えちゃうんですね。

投稿: あさひ | 2007年6月29日 (金) 12時44分

良くなられましたか!何よりです~

今日ですね、韓国語通信買ってきて見ていたら。。。
あれ、もしかして。。。と思って、こちらへお邪魔しましたら、やはりテラさんだったのですね!
シン・スンフン씨と編集されてるnikkaさん、で結びつきましたよ。
じっくり拝見いたしました(*^o^*)

本はinnolifeですね!ありがとうございます!
ここ↑には芸能情報でお世話になってました(笑)
そうですね。。。最初から小説だと途中放棄してしまいそう。
まずは簡単なものから探してみますね♪

投稿: ちーたろう | 2007年6月29日 (金) 14時17分

あれ~あさひさん、お昼休みですか?ありがとうございます^^
子供の頃に読んで想像力を鍛えておかなかったもので、今頃鍛えられています^^;

投稿: テラ | 2007年6月29日 (金) 15時34分

ちーたろうさん、nikka編集デスクにちょっと協力したのですが・・・写真だけはやめておけばよかったぁ・・・。
そんなおばさんです^^;

そこで買えるかどうかわかりませんが、私が韓国語の先生にすすめられたのは、창비아동문고の "몽실언니"という本でした。朝鮮戦争のときの貧しい家の女の子の話です。まあまあ読みやすかったです。

投稿: テラ | 2007年6月29日 (金) 15時39分

テラさん、こんにちは! やっぱりそうだったんですね♪
私も5級とスンフンでピ~ンときました。でも写真をみたときに想像していたとおりだったので、ちょっとビックリしています。

ホジュン終わったのですね、テラさんは商道はご覧になりましたか?私はかなり昔にみたのですが、あれもおもしろいですよ~^^

投稿: fuyu | 2007年6月29日 (金) 18時19分

fuyuさんのブログに書いてあった「ある記事に・・・」って、それでしたか・・・。ホントお恥ずかしい限りです^^;
想像したとおりのメガネのおばさんでしたか?うふふっ^^

あの写真はインドに行ったとき、コルカタで撮ったものなんです。背景はガンジス河。顔だけ載せてくれるのかな・・・って思ってたんですけど。

『商道』というのもイ・ビョンフン監督の作品なんですねぇ。2001年か・・・韓国ものはまだ『シュリ』くらいしか見たことがなかったです。探してみますね~!

投稿: テラ | 2007年6月29日 (金) 18時47分

おはようございます。あらためまして自己紹介を。わたくし、たぶんテラさんと同世代です。^^東京五輪の年に生まれました。韓国語は20代ではじめました。そのころは、小学館の朝鮮語辞典もハングル検定も韓国語能力試験もありませんでした。韓国語を勉強しているということが、非常に珍しがられた時代でした。「なぜ韓国語なの?」と何度聞かれたかわかりません。教材も、いまと違って、限られたものしかありませんでした。そんな中、モチベーションの維持にも苦労しつつ、仕事や子育てをしながら、日本で細々と勉強を続けてきました。学習期間の半分くらいは断続的に週1回のスクールに通いましたが、留学等で集中して学習した人に比べるとほぼ独学で学んできたと言えると思います。留学しないと外国語の習得は無理、と時々耳にしますが、自分の経験から、留学していないことはデメリットばかりではなく、メリットのようなものも少しはあるかな、と最近ようやく思えるようになりました。もちろん今後、機会があればぜひ留学したいと考えていますが。

学習をはじめたころは、韓国語で仕事をしようとも、また、できるとも思っていませんでしたが、検定関係を一通り卒業したころから、ありがたいことに韓国語での仕事の機会に恵まれています。(生業といえるほど稼いではいませんが……)不安定なこの業界、今後いつまで継続して仕事ができるのか、先のことはわかりませんが、仕事の場が与えられている限りは、もっと精進せよとの叱咤激励だと受け止めて、がんばろうと思っています。

仕事はしていますが、まだまだ実力不足ですので、現在も週1回、レッスンを受けています。最近は、更年期?にさしかかったせいなのか、何事にも意欲がわかず、学習のほうもかなり停滞気味です。しかし、これではいけない、とネットその他でテラさんのように学習意欲にあふれる方々のがんばっていらっしゃる様子に触れることで、自分に活を入れさせてもらっています。これからもよろしくお願いします。ちなみにわたしもミーハーです。^^また、今回も長くなってしまいました。ごめんなさい。

投稿: 松葉 | 2007年7月 2日 (月) 08時53分

松葉さん、お返事ありがとうございました^^
私も東京五輪の年に生まれ、20代後半まで東京で暮らしていました。残念ながら、若い頃には韓国とは縁がなく・・・田舎に引っ込んでから、しかも中年になってからの出会いでした。だから松葉さんがうらやましいです。
40の手習いで始めた韓国語ですが、今は1日でも韓国語が聞けないと中毒症状が出る感じですね。でも正直、韓流ブームがなければ、これほど韓国語に熱中して、続けていたかどうかわかりません。ミーハーも勉強の助けになるのですね^^
この先・・・とりあえずは6級合格までがんばりますp^^q
その後、できれば通訳ガイドにも挑戦したいな~と考えているところです。
また、アドバイスよろしくお願いします!

そうそう、更年期は韓国語に熱中することで、忘れたいと思っています^^v

投稿: テラ | 2007年7月 2日 (月) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めてジムに行く | トップページ | ホジュンとうとう最終回 »