« Merry Christmas☆ | トップページ | あこがれのチャジャンミョン(2) »

あこがれのチャジャンミョン

世間の忙しさの中、こんなものを書いています。

韓国上陸3度目にして初めて食べることができた짜장면 チャジャンミョン!

Dsc00141釜山の西面の中央路から1本西側の通りにあるお店でした。手打ち麺だそうです。

韓国ドラマを見ていると、よく恋人のチャジャンミョンを混ぜてあげるシーンがあるじゃないですか。
「下手だなぁ、貸してごらん。混ぜてあげるよ」って。
そういうシーンをよだれをたらしながら見ていたわけです。

私の初チャジャンミョンは、チングが混ぜてくれました。おいしかったぁ。정말 진짜 맛있었다 !

チャジャンミョンは不思議な味ですよね。辛くもしょっぱくもなく、韓国らしくない味。ジャージャー麺とは全然違うものなんですね。

3度目にして初めて食べられたので、思いもひとしお。
思い続けていると願いがかなうって本当ですね^^

おい、そんなことがお前の願いかよ^^;

反省、反省。来年こそはまともな大人になるぞ。
食いしん坊をやめて、昼寝もやめて、言葉遣いも丁寧に・・・

夜になると自分をリセットしたくなり、ピ・チョンドゥク氏の随筆を読んで、心を清めています。昨夜は「맛과 멋 マッとモッ」を読みました。暗記したくなるような文章でした。

もっとまともな大人になれますように。

|

« Merry Christmas☆ | トップページ | あこがれのチャジャンミョン(2) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「韓国」カテゴリの記事

コメント

「チャジャン麺」のほうが発音に忠実というか、近いですね。それと「ジャージャー麺」と、呼び方を変えて比較対象するのは正解ですね。分かりやすくて・・・。ありがとう。
TBさせていただきましたよ。

投稿: cocoa051 | 2006年12月27日 (水) 02時48分

cocoa051さんの記事読ませていただきました。写真を見ただけでもよだれが…아아,먹고 싶다~という感じです。
とにかく辛いのが好きな韓国にあって、あのつかみどころのない味は不思議ですよね。日本の料理に当てはめると、ハヤシライスに近いような味じゃないですか?
チャジャンミョンを食べていたとき、物足りなかったのか、おばがお酢をかけるとおいしいなんて言ったんです。あこがれのチャジャンミョンにそんなことを!思わずダメっと制止してしまいました。

投稿: テラ | 2006年12月27日 (水) 10時36分

ほんとだっ! 同じ背景ですね!! 

ところで、私もチャジャンミョン、憧れ続けていまだインスタント以外食べたことないんです!!

今回こそは!とプサンでいきごんだんですが、同行者の、「ここまできて中華いらん」という意見で却下。

だから~、中華であって中華じゃないの!と説明しても無駄でした・・・ めっちゃおいしそう! チングが混ぜ混ぜしてくれたんですね。いいなあ!私も次回こそ!!!!!!

投稿: ころちゃん | 2006年12月28日 (木) 21時37分

残念!私も2度目の韓国では、やはり同行者に「何それ」と冷たくあしらわれ、食べられなかったんです。でも、その旅では念願のキムパプが食べられて、1つ夢がかないました。
1つずつ、1つずつ、願いをかなえていくほうがいいかもしれません。有難味がある分、よりおいしく食べられますもんね^^

投稿: テラ | 2006年12月29日 (金) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Merry Christmas☆ | トップページ | あこがれのチャジャンミョン(2) »