« ポジャギ4 | トップページ | 車上狙いに遭う! »

シン・スンフンに会いたくて(9)서울에서 생긴 일

シン・スンフンを見つめながら、歌を聴いて、一緒に踊っているうちに、3時間が夢のように過ぎて行きました。
私の人生で最もしあわせな3時間になりました。

まだ夢心地の私たちが会場から出ようとしたそのとき、奇跡が起こりました。

(その奇跡についてはここでお話することができないんです。ごめんなさい。)

初めて、一人でやって来た韓国で、着いたその日の夜に起こったその奇跡は、天が私にくれたプレゼントだと思いました。

私たち日本のファンクラブのメンバーは韓国のファンクラブのみんなと一緒に、シン・スンフンが会場から出てくるのを待ちました。
しばらくして、ワゴン車が1台出てきました。

車の窓から手を振って去っていくオッパに、
「アンニョンヒ カセヨ」と言って見送りました。

日本のファンクラブのみんなと回基駅まで一緒に行き、そこで別れました。
みんなは明洞の方へ行くので、市庁方面の電車に乗り、私は金湖駅へ帰らなければならないので、龍山行きの電車に乗りました。

日曜日の夜、がらんとした車内に一人で座り、今日一日の間に起こったことを思い出していました。
実にいろいろなことがあった一日でした。

車内の風景は日本とそっくりで、座っている人々の姿も日本人とそっくりでした。
ここは本当にソウルなのか・・・と思うほどでした。

外はすでに暗くなっていましたが、電車が漢江に沿って走っているのがわかりました。
東京の御茶ノ水辺りを走っているような雰囲気でした。

夢を見ているようでしたが、その時眺めていたその光景を私は一生忘れることがないでしょう。
初めて会ったシン・スンフンの大切な思い出とともに、心の中に大切にしまってあります。

 おわり∥

신승훈을 바라보면서 노래를 듣고 같이 춤을 추는 사이에 3시간이 꿈처럼 지나갔습니다.
내 생애 가장 행복한 3시간이 됐습니다.

꿈에서 아직 깨어나지 않은 우리들이 콘서트장에서 나가려고 했을 때 갑자기 기적이 일어났습니다.

(그 기적에 대해서는 지금 이야기할 수 없어서 미안합니다.)

처음으로 혼자서 찾아온 한국에서 도착한 그 날 밤에 일어난 그 기적은 하늘이 저에게 주신 선물이라고 생각합니다.

우리 팬클럽 사람들은 한국 팬들과 같이 신승훈이 콘서트장에서 나오는 것을 기다렸습니다.
잠시 후 차가 나왔습니다.

차 창문에서 손을 흔들면서 떠나가는 신승훈을 '안녕히 가세요' 라고 하면서 보내고 말았습니다.

일본 팬클럽 사람들과 같이 회기역까지 가서 거기서 헤어졌습니다.
모두 명동으로 간다고 해서 시청으로 향하는 전철을 타고 저는 금호역으로 가야 하니까 용산행 전철을 탔습니다.

일요일 밤 빈 자리가 많은 전철안에 혼자서 앉아 오늘 하루에 생긴 것을 생각해 보았습니다.
정말 여러기지 일이 일어난 날이었습니다.

전철안의 광경은 일본과 똑 같았고 앉아 있는 사람들 모습도 일본 사람과 똑 같았습니다.
여기가 정말 서울인지 의심할 정도였습니다.

바깥은 벌써 어두워졌지만 전철이 한강에 따라 갈리고 있는 것을 알 수가 있었습니다.
동경 오차노미즈 주변을 달리고 있는 것 같은 분위기였습니다.

꿈을 꾸는 것 같았지만 그 때 바라보고 있었던 그 풍경은 평생 잊지 않을 것입니다.
처음으로 만난 신승훈의 소중한 추억과 함께 내 가슴 속에 간직하고 있습니다.

 끝∥

今日の単語: 기적 奇跡、용상행 龍山行き、~행 ~行き

☆最後の最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
   감사합니다 ^^

この旅行記は、韓国語の文章を先に書いて、それを日本語に訳すという順に書きました。そのせいか日本が幼稚。韓国語のレベルがその程度だという証になってしまいました。

いずれにしても、2年前の出来事をブログという手段をきっかけにまとめることができて、うれしく思っています。

この旅はあと2日続きましたが、お話はこの辺りで。

ちなみに尋ねた場所は、2日目が刺繍博物館、仁寺洞、ロッテ百貨店に行くも月曜日で休み、東大門市場(モシとチョンガ大根の種を買いました)、冷麺の店、南山タワー。最終日が、昌徳宮(景福宮は火曜日で休みだったので)、ロッテ百貨店(デパ地下でキムチなどを買いました)。

帰りは来た道を戻るように、金湖駅から地下鉄で狎鴎亭まで行き、そこから空港行きのバスに乗りました。
空港の売店で、大長今の漫画本とシン・スンフンの3集とQooオレンジ味(ハングルで쿠우と書いてあったか)を買いました。

・・・話は尽きませんね。ではまた(^-^)/~

P.S.今年2006 THE SHIN SEUNG SHOW ! -Color of Romance-が10月14日、15日に蚕室体育館で行われるそうですね。
ファンクラブでツアーが出ているのですが・・・2年前とあまりにも状況が変わっているので、行こうかどうか躊躇してしまいます。すっごく行きたいのだけど。
2年前の思い出だけで生きてゆこうか・・・オッパの歌を聴いていると、なんだか悲しくて、涙が出てきます。

|

« ポジャギ4 | トップページ | 車上狙いに遭う! »

「シン・スンフン」カテゴリの記事

「ハングル日記」カテゴリの記事

韓国旅行」カテゴリの記事

コメント

はい、涙をふくハンカチを差し上げましょう。
オッパは、どこにも、逃げていきません。
今回行けても、行けなくても、また、必ずチャンスはあります。
オッパは、遅れても、だいたいの約束は守りますから、来年行われるであろう、来日コンサートで会えるのも、もうすぐですよ~!

投稿: スジン | 2006年9月 7日 (木) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108586/3092637

この記事へのトラックバック一覧です: シン・スンフンに会いたくて(9)서울에서 생긴 일:

« ポジャギ4 | トップページ | 車上狙いに遭う! »